よく検索されるキーワード :

全 78 件

朝、が痛い。しっかり寝ているはずなのに痛くなる?

https://ouchi-care.com/article/朝、腰が痛い。しっかり寝ているはずなのに痛く/
朝、起きるとが痛い。朝から憂鬱な思いの繰り返し、痛予防のストレッチや運動も意識して行っているのに、朝起きるとが痛い。 そんな方はマットレスをチェックしてみましょう。 寝る時に、頭の位置が不安定で、起床時に首スジがこったような感じがすると、まず、枕が合わないのではないかと、思う人が多いようです。枕が原因の場合も

の手術をしたのに、痛みが変わらない。何故?

https://ouchi-care.com/article/腰の手術をしたのに、痛みが変わらない。何故?/
手術での痛みから開放されるはずだった。 "痛"と聞くと、一般的には「ぎっくり」や「椎間板ヘルニア」などが連想されることが多く、の使いすぎによって筋肉や骨が傷んで起こるものだと単純に考えられがちです。 しかし実際には、「この痛は○○によって起きている」とか、「病名は○○である」といったふうにはっきりと原因を

寄稿コラム 第22回 『痛の予防』

https://ouchi-care.com/article/腰痛の予防/
痛の予防として大切なことが、 大きく2つあります。 1つ目は胸椎(胸の後ろの骨)の硬さを取ることです。 胸椎は基本的に可動性がある関節です。 しかし、様々な要因(日常生活)などで胸椎が硬くなってしまいます。 特に、胸椎を伸ばす・捻じる運動が硬くなりやすいです。 2つ目は股関節の硬さを取ることです。 股関節に

痛予防のためのチェックポイント

https://ouchi-care.com/article/腰痛予防のためのチェックポイント/
痛予防・痛軽減は、日常生活において正しい姿勢・動作を行い、 いかにに負担をかけないようにするかがポイントとなります。 そこで日常生活において正しい姿勢や動作のポイントを紹介します。 鏡や他の人から姿勢をチェックしてみましょう。直感でもかまいません。 チェックがある場合、痛になりやすい姿勢・動作を

姿勢によって起こるへの負担の変化

https://ouchi-care.com/article/姿勢によって起こる腰への負担の変化/
痛は椎と呼ばれるの骨への負担を軽減させることが大事です。 その為には生活指導が特に重要となります。 椎の負担は、寝ころんでいる時が最も低く,背中を丸めて椅子にかけている時が最も高いと言われています。 比率としてはへの負担を 立った姿勢を100%とすると 30%  寝ている姿勢 ↓ 10

ストレッチ:

https://ouchi-care.com/article/ストレッチ:腰部/
仰向けで寝た状態で、膝を立てるように曲げましょう。 その状態から、左右へゆっくりと膝を倒します。 臀部からにかけて伸張感を感じながら、伸ばしましょう。 膝の曲げる角度を変えると、伸張される部位が変化します。 注意点 痛みが出現した場合は中止してください。 また、痛みや持病がある場合の運動は、注意し行っ

痛の予防法

https://ouchi-care.com/article/腰痛の予防法/
1.姿勢に気をつける 例えば同じ姿勢で長く立ち仕事する調理台やアイロン台などは、 前屈みにならないよう補助台を置くなどして自分に合った高さに調節する工夫をしましょう。また、いすには深く座り、背骨を伸ばし、膝、足首が90度になるように高さを調節するなど、姿勢に気を配りましょう。 2.腹筋と背筋を鍛える 日頃か

痛の対処法

https://ouchi-care.com/article/腰痛の対処法/
1.冷やして炎症を抑える に急激な痛みを感じた直後や、痛みのある部分が熱を持っている と感じるときは冷やします。冷却パックやエアゾール剤、 冷やすタイプのハップ剤を利用すると良いでしょう。 2.を温めて血行を良くする 痛の発症直後は炎症を鎮めるために冷やしますが、炎症が軽減したら血行を良くして回

勝手な判断は禁物!部脊柱管狭窄症のホント

https://ouchi-care.com/article/勝手な判断は禁物!腰部脊柱管狭窄症のホント/
部脊柱管狭窄症、自己判断は禁物です!  高齢化によって患者数が増加している疾患は数多くあります。整形外科疾患の中で、手術数が圧倒的に増えている『部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)』もそのひとつです。 この疾患は2006年1月にキャスターのみのもんたさんが手術を受けたことで、認知度がアップ

転倒予防には足を鍛えよ!

https://ouchi-care.com/article/転倒予防には足腰を鍛えよ!/
を鍛えて予防を いすから立ち上がるとき、無意識に「ヨイショ」といっていたら、それは足の衰えの始まりです。立ち上がるときにいすのひじに手を置いたり、テーブルに手をつくのも、同じことです。 もし、そんな傾向がみられたら、足が弱り、転倒・転落のリスクが高くなっていると思いましょう。 転倒予防に最も効果的なのは、