よく検索されるキーワード :

全 4 件

肩関節周囲炎

ouchi-care.com/article/肩関節周囲炎/
どんな病気か 中年以降(とくに50代に多い)に発生する、肩関節の痛み( 疼痛)と動きの制限( 拘縮)を伴う病気の総称です。 肩関節とその周辺組織に炎症を来すため、炎症を起こしている部位、炎症の程度によりさまざまな症状を起こします。 五十肩の定義についてはいろいろな議論がありましたが、現在では広義と狭義の2つのとら

五十肩は少し古い

ouchi-care.com/article/五十肩は少し古い/
四十肩なの五十肩なのどっちなんですか?! 肩関節周囲炎は、「五十肩」という呼び方が広く知られていますが、実際には40歳代から60歳代まで幅広い層でみられます。 最近では、「四十肩」という呼び方をされることもありますが、五十肩と同じ肩関節の周囲に炎症が起こることをいいます。若くして発症するケースが多くなって、呼び

肩石灰沈着性腱炎

ouchi-care.com/article/肩石灰沈着性腱炎/
どんな病気か 40~50代の女性に多くみられ、 肩腱板内に沈着したリン酸カルシウム結晶によって急性の炎症が生じ、肩の 疼痛・運動制限をきたす病気です。 原因 肩腱板に石灰が沈着する原因については諸説ありますが、いまだ特定はされていません。 石灰は当初は濃厚なミルク状で、時間の経過とともに、練り歯磨き状、石膏状と

肩関節腱板損傷

ouchi-care.com/article/肩関節腱板損傷/
どんな病気か 肩の深部にある肩腱板という腱性組織の損傷です。腱板は 棘上筋、 棘下筋、 小円筋、 肩甲下筋の4つからなりますが、最も傷みやすいのが棘上筋腱です。 肩腱板損傷は、40歳以上の男性の右肩に好発します(全体では男6割、女4割)。発症年齢のピークは60代です。 原因 損傷の原因としては、明らかな外傷によ