よく検索されるキーワード :

全 27 件

股関節の強化

ouchi-care.com/article/股関節の強化/
座った状態から、もも上げを行います。慣れてきたら、足首に重錘をつけて負荷をかけましょう。 腸腰筋を鍛えることが出来転倒予防に効果があります。 背筋を伸ばして行うように注意しましょう。 注意点 痛みが出現した場合は中止してください。 また、痛みや持病がある場合の運動は、注意し行ってください。 心配な場合は

ストレッチ:大腿後面・股関節内転筋群

ouchi-care.com/article/ストレッチ:大腿後面・股関節内転筋群/
開脚した状態で床に座ります。 伸張を加えたい方の足の方へ、身体を倒すます。 足先は天井へ向けていると、大腿後面が。 足先を内側へ倒すと、股関節内転筋群が伸張されます。 注意点 痛みが出現した場合は中止してください。 また、痛みや持病がある場合の運動は、注意し行ってください。 心配な場合は、必ず医師・担

股関節痛のワンポイントケア

ouchi-care.com/article/股関節痛のワンポイントケア/
股関節の痛み。ワンポイント・ケア! 股関節痛の改善には、生活上の注意も大切です。 洋式の生活(ベッド、洋式トイレ、いす)に切り替える……洋式生活のほうが、股関節への負担が少なく、痛みの軽減に役立ちます。 温める……お風呂などで温めると、股関節周辺の血流がよくなり、痛みもやわらぎます。ただし、腫れや熱っぽい

最近増えている股関節症について

ouchi-care.com/article/最近増えている股関節症について/
増えている変形性股関節股関節の障害を放置していると、クッションともいえる軟骨部分がすり減って炎症を起こし、痛みを感じるようになります。それが最近増えている変形性股関節症です。 原因の多くは、先天性のものです。もともと日本人には股関節の脱臼や発育不全などを起こしている人が多いからです。 若いときには骨や筋肉が股

変形性股関節

ouchi-care.com/article/変形性股関節症/
どんな病気か 長年の使用や繰り返される負担、けがなどによって、関節の軟骨がすり減ったり、骨の変形が生じたりする病気です。 原因 原因がはっきりしない加齢に伴う一次性の変形性股関節症と、 何らかの原因で生じる二次性の変形性股関節症があります。 80%以上が二次性で、原因には、生まれつき股関節の骨盤側の形が小さい

先天性股関節脱臼

ouchi-care.com/article/先天性股関節脱臼/
股関節は、骨盤側の入れ物(臼蓋きゅうがい)と大腿骨側の中身(骨頭こっとう)からなります。 本症は、出生後間もない乳児の骨頭が臼蓋から外れている(脱臼)状態です。 脱臼までなっていないが、外れかかりの状態(亜脱臼あだっきゅう)、 さらに、脱臼や亜脱臼ではないが臼蓋の形成が悪い軽症の状態(臼蓋形成不全)も含めます。

寄稿コラム 第22回 『腰痛の予防』

ouchi-care.com/article/腰痛の予防/
腰痛の予防として大切なことが、 大きく2つあります。 1つ目は胸椎(胸の後ろの骨)の硬さを取ることです。 胸椎は基本的に可動性がある関節です。 しかし、様々な要因(日常生活)などで胸椎が硬くなってしまいます。 特に、胸椎を伸ばす・捻じる運動が硬くなりやすいです。 2つ目は股関節の硬さを取ることです。 股関節

姿勢によって起こる腰への負担の変化

ouchi-care.com/article/姿勢によって起こる腰への負担の変化/
腰痛は腰椎と呼ばれる腰の骨への負担を軽減させることが大事です。 その為には生活指導が特に重要となります。 腰椎の負担は、寝ころんでいる時が最も低く,背中を丸めて椅子に腰かけている時が最も高いと言われています。 比率としては腰への負担を 立った姿勢を100%とすると 30%  寝ている姿勢 ↓ 10

下肢の強化(スクワット)

ouchi-care.com/article/下肢の強化スクワット/
スクワットには様々な方法があります。 膝の位置とお尻の位置関係で、強化する部位が変わります。 1.膝関節を前方に出しながらスクワットを行う。(大腿前面の強化) 2.お尻を後ろに残しながらスクワットを行う。(臀部中心の強化) それぞれの運動は、膝・股関節を深く曲げる必要はありません。曲げすぎに注意しましょ

中殿筋の強化

ouchi-care.com/article/中殿筋の強化/
側臥位のを姿勢から、上にある方の足を開きます。 注意点は、身体が開いてしまい膝が上を向いてしますと、効果が半減します。 身体が開かないように、意識しながら踵を持ち上げるように、股関節を開いていきましょう。 注意点 痛みが出現した場合は中止してください。 また、痛みや持病がある場合の運動は、注意し行ってください