よく検索されるキーワード :

全 5 件

めまいの予防法

ouchi-care.com/article/めまいの予防法/
生活のリズムを整える 夜ふかしをしたり、朝食を抜いたりすると体本来のリズムが狂い、自律神経のバランスが乱れてめまいが起きやすくなります。食事はできるだけ決まった時間に3食とり、早寝早起きの習慣をつけて十分な睡眠時間をとるようにして、生活のリズムを整えましょう。また、適度な運動は体の血流を促します。ウォーキングなど

肩こりの人は低血圧・高血圧?

ouchi-care.com/article/肩こりの人は低血圧・高血圧?/
肩こりと高血圧の関係とは? 一般に、低血圧の方に多くみられる症状に、手足の冷え、立ちくらみ、肩こり、疲労感などが知られています。そこに共通しているのは、血流があまりよくないために起こるという点です。 では高血圧の場合は、どうなのでしょうか。高血圧の患者さんに多くみられる症状には、めまい、肩こり、頭痛、動悸などがあり

低血圧に有効な運動

ouchi-care.com/article/低血圧に有効な運動/
血液を心臓に戻す運動を あの辛い低血圧を改善する方法があるんですよ! 一般に低血圧の人は、脚や手などの末端部の血管の収縮力が弱く、血液の循環が悪くなりがちです。つまり、末端部の血液が、心臓にうまく戻らないのです。それがむくみの原因にもなります。 脚の場合、血液の循環に大きな役割を果たしているのは、ふくらは

低血圧に基準なし。自分のタイプを知っておく必要あり!

ouchi-care.com/article/低血圧に基準なし。自分のタイプを知っておく必/
 やる気はあるのにからだがだるい、疲れてすぐ横になりたくなる…ほかに病気がないのに、そんな症状が続く場合は、低血圧のせいかもしれません。 低血圧の症状にはそのほか、めまい、頭痛、肩こり、耳鳴り、不眠、胃もたれ、吐き気、発汗、動悸(どうき)、不整脈など、さまざまあります。 どの症状も本人にはつらいものですが、低血圧は

起立性低血圧

ouchi-care.com/article/起立性低血圧/
どのような病気か 起立性低血圧症は体位変換時、とくに臥位(寝た状態)や座位から急に立ち上がった時に血圧が下がり、ふらつきやめまい、易疲労感(疲れやすい)、動悸、視野のかすみ、眼前暗黒感、時には失神などを伴う病気です。 立位になると全身の循環血液量のうち、500~800mlは腹部や下肢に移行します。そうすると心臓にも