よく検索されるキーワード :

圧迫性ニューロパチー

どんな病気か 末梢神経幹に圧力が加わることにより生じるもので、1本の神経が侵される(単ニューロパチー)ことがほとんどです。 原因 体外からの圧迫だけでなく、神経周囲組織の 肥厚、 腫瘤の圧迫でも起こります。 末梢神経幹が…続きを読む

脳出血

どんな病気か 脳出血とは脳内の血管が何らかの原因で破れ、脳のなか(大脳、小脳および 脳幹の脳実質内)に出血した状態をいいます。 そのために意識障害、運動麻痺、感覚障害などの症状が現れます。 血腫が大きくなると 脳浮腫によ…続きを読む

くも膜下出血

どのような病気か 脳はに外側から 硬膜、くも膜、 軟膜の3枚の膜で覆われています。くも膜の下(内側)には 脳脊髄液という液体がありますが、この部分に出血するのがくも膜下出血です。 働き盛りの人に起こり、死亡率も高い病気で…続きを読む

脊髄腫瘍

どんな病気か 脊髄と脳を合わせて中枢神経と呼び、脊髄とは 脊椎(背骨)の内部に存在する中枢神経を示します。 脊髄(中枢神経)は外側から硬膜、くも膜、軟膜と呼ばれる3つの膜に包まれており、脊髄腫瘍とは、脊髄内部の細胞や脊髄…続きを読む

変形性腰椎症

どんな病気か 変形性腰椎症は、腰椎の加齢変化により腰痛が起こる疾患です。 通常は 椎間板の加齢変化を基盤として、椎間関節や 靭帯組織などにも、変性と呼ばれる変化を来し、その結果、筋肉組織を含め腰部の疼痛やだるさなどの局所…続きを読む

胸郭出口症候群

どのような病気か 鎖骨周辺で 腕神経叢という腕や手指に行く末梢神経の束が、腕や手指に行く鎖骨下動脈や鎖骨下静脈という血管とともに圧迫されて起こる病気です。 心臓から続く血管が、胸郭を出た所で神経とともに圧迫されるので、こ…続きを読む

パーキンソン病

どのような病気か 50歳以降に発症することが多く、いくつかの特徴的な症状がみられます。 手足が震える、筋肉がこわばる、動作が遅くなる、歩きづらくなるなどで、徐々に症状が進行し、10数年後には寝たきりになる患者さんもいます…続きを読む

先天性筋性斜頸

「斜頸」とは首から頭が左右いずれかに傾いている状態です。いくつかの原因がありますが、 このうち、「筋性斜頚」とは胸鎖乳突筋(首の前側の左右にある筋肉)の一方が硬く緊張しているために起きる斜頚です。 出生時にすでに異常がみ…続きを読む

腰部脊柱管狭窄症

歩行と休息を繰り返す間歇性跛行が特徴的  どんな病気か 加齢、労働、あるいは背骨の病気による影響で変形した椎間板と、背骨や椎間関節から突出した骨などにより、神経が圧迫されます。 脊柱管は脊髄の神経が通るトンネルです。加齢…続きを読む

腰椎椎間板ヘルニア

どんな病気か 腰椎は5個の椎骨からなり、上半身を支える脊柱のなかでも最も大きな荷重を受けもちます。同時に可動性も大きいため、椎間板の障害を起こしやすい部位です。 椎間板ヘルニアは椎間板・線維輪に亀裂が入って、内部の髄核が…続きを読む