よく検索されるキーワード :

動脈硬化症の初期症状は冷えから

動脈硬化を診るには初期症状に注意が必要! 歩く→痛む→休む…の繰り返しは、病気に気づく重要なサインですが、実は、その段階では動脈硬化がかなり進んでいます。 では、もっと初期の症状はといえば、それは冷えです。 冷えというと…続きを読む

手首の腱鞘炎はテーピングが効果的!

手首の腱鞘炎「ドケルバン病」 手首に起こる腱鞘炎を、「ドケルバン病」といいます。 手の甲を見ながら親指をひらいていくと、手首の近くに太い筋が2本浮き出ます。それが手首の腱です。 テニスや野球などのスポーツでは、手首を使う…続きを読む

インフルエンザの合併症に要注意!

インフルエンザは合併症にも注意を 重症例のインフルエンザには、合併症がとても注意が必要です。 とくに気を付けたいのは肺炎で、インフルエンザによる死亡の最大の原因となっています。 高熱がなかなか引かず、呼吸困難やチアノーゼ…続きを読む

指先を動かすことの効果

指先と脳の密接な関係。 「指先を動かすとボケ予防になる」という話を聞いたことはありませんか。私たちは毎日の生活のなかで、指先を使って細かい作業をしています。パソコンや携帯電話の小さなキーを押すのも、洋服のボタンをとめるの…続きを読む

五十肩は日々の予防から

予防可能な四十肩・五十肩 辛い辛い四十肩・五十肩は予防できる。 20代からの早めの予防スタートもおすすめ。もちろん、姿勢の変化のみが発症に関わっているわけではない場合も多いですが、肩関節付近の炎症や違和感が起こる前には、…続きを読む

五十肩で老化が加速?

四十肩・五十肩で老化現象が早まる? 肩の痛みでよく聞く四十肩・五十肩。 着替えで腕をねじるような動作や、電車のつり革につかまる位置に手を伸ばそうとした時などに多く起こります。一報で、腕を体の横に下げた状態などの、肩の関節…続きを読む

温熱療法で首の負担軽減

首の負担を軽減させ「寝違え」を予防する温熱法 実際に寝違えてしまったら、温めると悪化するケースがみられるので、ようちゅういですが‥。 寝違える前の予防としては、首から肩、肩甲骨付近にかけて温めることが効果的です。 ホット…続きを読む

肩こりからの頭痛

肩こりからの頭痛はしつこい!? 肩こりからの頭痛は、命に関わる重篤なものではありません。 しかし、肩こりも起こしつつ頭が痛むという症状は、吐気が少なく激痛ではないとはいえ大変不快です。特徴は、慢性的な頭痛で、圧迫感のある…続きを読む

冷え性に効く食事

体を温めるものを食べる。それが冷え性に効果絶大! 基本的に、体温より温かいものを食べましょう。冷たいものを食べると、それだけで体温が奪われてしまうからです。サラダより温野菜、冷奴より湯豆腐がお勧めです。少なくとも、冷蔵庫…続きを読む

筋肉痛は乳酸?

筋肉痛と乳酸は関係あるのでしょうか? 筋肉痛は誰もが経験した事があるものです。運動では筋肉が伸びながら力をだすような場合、筋肉痛が起こりやすい事が判っています。例えば階段を登る時より下りる時により筋肉痛を感じるのは経験が…続きを読む