よく検索されるキーワード :

柔軟性があることのメリット

柔軟性を高めるための最も手軽な方法がストレッチです。 ストレッチは1人でも簡単に行うことができ、時間や場所をとりません。 柔軟性を高めることで、身体にはさまざまな変化がみられるようになります。 基礎代謝が上がり、血行が良…続きを読む

柔軟性をセルフチェック

自分の柔軟性をチェックしてみましょう。日常的に運動をする習慣のない人は、筋肉の張りやコリなどで身体が硬くなっているかもしれません。自分の身体の状態を知り、柔軟性を高めるためにもまずは現状を把握することから始めましょう。 …続きを読む

ストレッチのコツ

柔軟性を高めるためには、日頃からストレッチなどで筋肉や腱を伸ばしていくことが大切です。 効果的に柔軟性を高めるために、ぜひ覚えてもらいたいのが ストレッチを効果的にする5つのコツです。 ストレッチは様々な場所で数多く紹介…続きを読む

タオルを使ったストレッチ

タオルストレッチのいいところは、何と言ってもタオルがあればすぐにできること。 普段あまり運動していない人にとっては、使っていない筋肉を伸ばすことで血行が良くなり、足のむくみや疲労回復に効果が期待できます。ウォーキングやラ…続きを読む

冷え性の予防法

1.入浴で血行を良くする 38~40℃のぬるめのお湯に、20分程度つかりましょう。 入浴後は簡単なストレッチをすると、さらに効果的です。湯船につかれないときは、シャワーだけですませず足湯で下半身をしっかり温めましょう。お…続きを読む

むくみの予防法

1.体を動かしたり、お風呂につかる 長時間の立ち仕事や座り仕事をする人は、ときどき姿勢を変えたりストレッチなどをして筋肉の緊張をゆるめることが大切です。帰宅したらお風呂にゆっくりつかり、足をマッサージしましょう。血行が良…続きを読む

糖尿病の初期症状。要チェック!

糖尿病の初期には、はっきりした自覚症状はありません。 しかし次のような症状は、糖尿病が関係している可能性があるので注意が必要です。 疲れやすく、根気がない インスリンの働きが低下すると、ブドウ糖をうまくエネルギーに変換で…続きを読む

本能性振戦

パーキンソン病と間違えられやすい『本能性振戦』      手の震えがあるので受診し、難病のパーキンソン病と診断されて治療を受けていたら、実は『本能性振戦』だった、というケースがあります。両疾患とも震えが症状に出るので間違…続きを読む

ストレス改善!静的なストレッチで効果あり!

静的ストレッチで緊張をほぐす 日々のストレスを解消させる方法に、静的ストレッチが有効なんです!! ストレスを受け続けていると、私たちのからだは常に緊張状態を強いられ、気づかないうちに筋肉や関節もこわばっています。 ストレ…続きを読む

糖尿病から見る脳梗塞の予防

脳梗塞の予防のためにできることとは。 脳梗塞の予防のためには、食事や運動のような長期的な対策に加え、もう少し直接的な対策を知っておくことも大切です。 脳梗塞は一般に、深夜から翌朝の午前中(とくに早朝から午前中)に起こりや…続きを読む