よく検索されるキーワード :

腰部脊柱管狭窄症

歩行と休息を繰り返す間歇性跛行が特徴的  どんな病気か 加齢、労働、あるいは背骨の病気による影響で変形した椎間板と、背骨や椎間関節から突出した骨などにより、神経が圧迫されます。 脊柱管は脊髄の神経が通るトンネルです。加齢…続きを読む

腰椎椎間板ヘルニア

どんな病気か 腰椎は5個の椎骨からなり、上半身を支える脊柱のなかでも最も大きな荷重を受けもちます。同時に可動性も大きいため、椎間板の障害を起こしやすい部位です。 椎間板ヘルニアは椎間板・線維輪に亀裂が入って、内部の髄核が…続きを読む

腰椎すべり症

間欠性跛行や会陰部のしびれ感などが出る場合があります。 腰椎の 椎間板のついている前方部分は 椎体、後方の椎間関節のついている部分は 椎弓と呼ばれます。椎体と椎弓の間には 椎弓根があります。椎弓の部分で骨の連続性が断たれ…続きを読む

変形性頚椎症

 どんな病気か 変形性頸椎症は、主に頸椎の加齢変化を原因として頸部痛や肩こり、背部痛などの局所症状を起こす病気です。頸椎は7個の 椎骨から構成されていて、椎骨同士は椎間板と椎間関節で連結されています。 椎間板は年齢ととも…続きを読む