よく検索されるキーワード :

圧迫性ニューロパチー

どんな病気か 末梢神経幹に圧力が加わることにより生じるもので、1本の神経が侵される(単ニューロパチー)ことがほとんどです。 原因 体外からの圧迫だけでなく、神経周囲組織の 肥厚、 腫瘤の圧迫でも起こります。 末梢神経幹が…続きを読む

ギランバレー症候群

どんな病気か 急速に発症する左右対称性の四肢筋力の低下と 腱けん反射の消失を主徴とする病気です。 人口10万人あたり年間1~2人の発症数であり、年齢別にみると若年成人と高齢者に発症のピークがあります。 原因 発症の1~3…続きを読む

脳出血

どんな病気か 脳出血とは脳内の血管が何らかの原因で破れ、脳のなか(大脳、小脳および 脳幹の脳実質内)に出血した状態をいいます。 そのために意識障害、運動麻痺、感覚障害などの症状が現れます。 血腫が大きくなると 脳浮腫によ…続きを読む

くも膜下出血

どのような病気か 脳はに外側から 硬膜、くも膜、 軟膜の3枚の膜で覆われています。くも膜の下(内側)には 脳脊髄液という液体がありますが、この部分に出血するのがくも膜下出血です。 働き盛りの人に起こり、死亡率も高い病気で…続きを読む

脊髄腫瘍

どんな病気か 脊髄と脳を合わせて中枢神経と呼び、脊髄とは 脊椎(背骨)の内部に存在する中枢神経を示します。 脊髄(中枢神経)は外側から硬膜、くも膜、軟膜と呼ばれる3つの膜に包まれており、脊髄腫瘍とは、脊髄内部の細胞や脊髄…続きを読む

静脈血栓塞栓症

どんな病気か 体には、心臓から手足のほうへ流れている動脈と、手足から心臓のほうへ流れる静脈があり、このなかを血液が流れています。 心臓はポンプの役目をして、血液を動脈に送り出しています。静脈にはポンプはありませんが、代わ…続きを読む

痙性斜頸

どんな病気か 痙性斜頸とは首周囲の筋肉、とくに前面を斜めに走る 胸鎖乳突筋や、上肢と体幹を連絡する 僧帽筋の異常な緊張亢進によって引き起こされる病気で、首が左右上下のいずれかに傾く、ねじれる、震えるといった不随意運動と姿…続きを読む

脊髄空洞症

どんな病気か 脊髄は、脳から腰の上部へと連続する中枢神経の一部です。脳や脊髄のまわりには 脳脊髄液という液体が流れており、脳のなかにある脳室や脊髄の中心部にある中心管にも脳脊髄液が流れています。 脊髄空洞症とは、脳脊髄液…続きを読む

腰痛に対する処置

治療の方法 急性腰痛症は、安静や投薬により通常数日で軽快します。 慢性的な腰痛に対しては、主に、日常生活動作の改善、腰痛体操などの治療が行われます。非ステロイド性消炎鎮痛薬や筋弛緩薬が適宜使用されることもありますが、多く…続きを読む

変形性腰椎症

どんな病気か 変形性腰椎症は、腰椎の加齢変化により腰痛が起こる疾患です。 通常は 椎間板の加齢変化を基盤として、椎間関節や 靭帯組織などにも、変性と呼ばれる変化を来し、その結果、筋肉組織を含め腰部の疼痛やだるさなどの局所…続きを読む