よく検索されるキーワード :

ギランバレー症候群

どんな病気か 急速に発症する左右対称性の四肢筋力の低下と 腱けん反射の消失を主徴とする病気です。 人口10万人あたり年間1~2人の発症数であり、年齢別にみると若年成人と高齢者に発症のピークがあります。 原因 発症の1~3…続きを読む

小脳出血・小脳梗塞

どのような病気か 小脳には、体の運動(手足の動き、しゃべるための口・舌・のどの動き、眼の動きなど)をスムーズにする機能と、体のバランスを保つ機能とがあります。 そのため小脳が侵されると、手足の運動のぎこちなさや、ろれつの…続きを読む

脳膿瘍

どんな病気か 脳膿瘍は、脳実質内に限局性にうみがたまった状態をいいます。 膿瘍の形成過程は、まず脳のある部分にうみがたまっていない巣状の急性炎症が生じます。 次に、明らかな化膿性の炎症が起こり、うみがみられるようになりま…続きを読む

慢性硬膜下血腫

どんな病気か 脳の周囲を覆う硬膜とくも膜の間に血液がたまる病気です。多くの場合は脳の片側にだけたまりますが、両側に起こることもあります。 原因は何か 男性に多く、中年以上のアルコール多飲者に多くみられます。 ささいな頭部…続きを読む

脳出血

どんな病気か 脳出血とは脳内の血管が何らかの原因で破れ、脳のなか(大脳、小脳および 脳幹の脳実質内)に出血した状態をいいます。 そのために意識障害、運動麻痺、感覚障害などの症状が現れます。 血腫が大きくなると 脳浮腫によ…続きを読む

くも膜下出血

どのような病気か 脳はに外側から 硬膜、くも膜、 軟膜の3枚の膜で覆われています。くも膜の下(内側)には 脳脊髄液という液体がありますが、この部分に出血するのがくも膜下出血です。 働き盛りの人に起こり、死亡率も高い病気で…続きを読む

脊髄腫瘍

どんな病気か 脊髄と脳を合わせて中枢神経と呼び、脊髄とは 脊椎(背骨)の内部に存在する中枢神経を示します。 脊髄(中枢神経)は外側から硬膜、くも膜、軟膜と呼ばれる3つの膜に包まれており、脊髄腫瘍とは、脊髄内部の細胞や脊髄…続きを読む

痙性斜頸

どんな病気か 痙性斜頸とは首周囲の筋肉、とくに前面を斜めに走る 胸鎖乳突筋や、上肢と体幹を連絡する 僧帽筋の異常な緊張亢進によって引き起こされる病気で、首が左右上下のいずれかに傾く、ねじれる、震えるといった不随意運動と姿…続きを読む

上腕骨頸部骨折

どんな外傷か 上腕骨の肩に近い部分の骨折で、 骨粗鬆症がある高齢者が転倒して手をついたり、直接肩を打った時に起こります。この骨折と同時に肩関節の脱臼を伴うこともあります。 受傷時からすぐに肩周囲のはれ、痛み(動かすととく…続きを読む

パーキンソン病

どのような病気か 50歳以降に発症することが多く、いくつかの特徴的な症状がみられます。 手足が震える、筋肉がこわばる、動作が遅くなる、歩きづらくなるなどで、徐々に症状が進行し、10数年後には寝たきりになる患者さんもいます…続きを読む