よく検索されるキーワード :

朝方?夜型?頭痛のホント

頭痛は朝方に起こることが多い? 朝は脳内圧が高まる関係で、頭痛が起こりやすくなります。 脳に腫瘍ができる脳腫瘍は、脳内圧の影響により痛みが激しくなりますし、片頭痛や群発頭痛も朝方に起こりやすいといわれています。 この他に…続きを読む

平衡感覚を養う

めまいに役立つ日常生活の工夫 めまいの治療の一環として平衡訓練というものがありますが、朝起きてから夜寝るまでの日常生活の動作が、全て平衡訓練に繋がっています。 例えば、洗顔時に目を閉じて直立したり、片足だけで立つ練習をし…続きを読む

薬剤誘発性頭痛って

鎮痛剤の複数服用による、薬剤誘発性頭痛 片頭痛の痛みを抑えようとするあまりに、複数の鎮痛剤を服用したり、連日のように鎮痛剤を飲んでいると、かえって痛みを感じやすくなり、慢性的に頭痛を感じる薬剤誘発性頭痛を招くことになって…続きを読む

大動脈炎症候群

どんな病気か 大動脈およびその主要な分枝に生じる原因不明の血管炎で、炎症の結果、血管の 狭窄、閉塞、拡張を来し、血流障害が生じます。 手首の動脈の脈が触れないことがよくあり、脈なし病とも呼ばれています。また、最初の報告者…続きを読む

心室頻拍

どんな病気か 前述の 心室性期外収縮が3つ以上連続して現れた場合を心室頻拍(VT)といいます。 もともと心臓に病気がなく、3連発程度の心室頻拍なら心配ないこともありますが、心臓に病気があったり、連発の数が多かったりする場…続きを読む

心房細動

どんな病気か 心房細動は、心房が1分間に450~600回の頻度で不規則に興奮し、その興奮波が 房室結節へ無秩序に伝わるために、心室興奮は確実に不規則になる不整脈です。 心房細動が絶対性不整脈といわれるゆえんです。 房室結…続きを読む

肺性脳症

どんな病気か 肺の機能不全により中枢神経症状を起こす状態をいいます。肺は呼吸をする臓器なので、呼吸ができなくなると、肺の動脈の二酸化炭素(CO2)が上昇し、酸素が低下します。 したがって、肺性脳症には、二酸化炭素上昇によ…続きを読む

神経ベーチェット病

どんな病気か ベーチェット病は全身の病気で、次にあげる特徴的な4つの主症状を示します。 (1)口腔粘膜の再発性アフタ性 潰瘍 (2)皮膚病変:痛みを伴う 結節性紅斑様の皮疹や 毛嚢炎が多く、また患者さんの皮膚は刺激に敏感…続きを読む

転移性脳腫瘍

どんな病気か 体のほかの部分に発生したがんが、主に血液を介して脳に転移したもので、悪性の腫瘍です。 元のがんは、肺がん、次に乳がんの順に多くなります。最近、日本では大腸がんの増加が目立っています。 乳がんは、頭蓋骨の下で…続きを読む

髄膜腫

どんな病気か 脳の表面を覆っているくも膜と呼ばれる組織の細胞から発生し、脳を圧迫しながら大きくなる腫瘍です。 脳腫瘍全体の26%を占め、成人女性に発生することが多く、手術で全部取ることができれば完全に治る良性の 原発性脳…続きを読む