よく検索されるキーワード :

糖尿病予防は筋トレで効果あり!

筋トレで糖尿病の予防 糖尿病患者が多いアメリカでは、筋肉と糖尿病との関係をめぐるいくつかの調査が実施されています。 たとえばカリフォルニア大学ロサンゼルス校の調査報告では、体重に対する筋肉量の比率が10%増加するごとに、…続きを読む

高齢者の交通事故に注意

50歳を超えたら交通事故に注意  世界でも屈指の長寿国である日本では、50歳代や60歳代は「まだまだ若い」と思われています。実際に仕事や家事をばりばりこなし、見た目も若い方が多いのですが、その一方で「50歳を超えたら交通…続きを読む

糖尿病予防のためにカルシウムを!

糖尿病予防のために有効なものがあります!  糖尿病の患者さんの中には、カルシウムが糖尿病(2型)の改善に大切なことを知っている方もおられることでしょう。でも、血糖値が少し高めといわれている予備軍の方など、一般の方にはまだ…続きを読む

パーキンソン病で注意が必要な点

パーキンソン病において、こんなケースは注意が必要です! 典型的な症状が起こる以前から、前兆ともいえる症状がみられることもあります。 たとえば、以前はスタスタ歩いていた人が、歩くのが遅くなったり、歩幅が狭くなったりするケー…続きを読む

閉塞性動脈硬化症の予防は日頃の運動

動脈硬化は血管の老化ともいわれ、誰にでも起こります。ただ。老化の速度は、人によってかなり違います。 日ごろから生活に気をつけ、動脈硬化になりにくくすることが、閉塞性動脈硬化症の予防につながります。 特に、この病気は脚に症…続きを読む

動脈硬化症の初期症状は冷えから

動脈硬化を診るには初期症状に注意が必要! 歩く→痛む→休む…の繰り返しは、病気に気づく重要なサインですが、実は、その段階では動脈硬化がかなり進んでいます。 では、もっと初期の症状はといえば、それは冷えです。 冷えというと…続きを読む

足が痛い。。原因は血管かもしれませんよ

脚の病気? いえ、血管の病気です  普段と同じように歩いていたら、ももやふくらはぎが痛くなって歩けなくなった。しばらく休むと歩けるが、また痛くなった。 そんな症状がみられたら、閉塞性(へいそくせい)動脈硬化症の疑いがあり…続きを読む

転倒予防には足腰を鍛えよ!

足腰を鍛えて予防を いすから立ち上がるとき、無意識に「ヨイショ」といっていたら、それは足腰の衰えの始まりです。立ち上がるときにいすのひじに手を置いたり、テーブルに手をつくのも、同じことです。 もし、そんな傾向がみられたら…続きを読む

股関節痛のワンポイントケア

股関節の痛み。ワンポイント・ケア! 股関節痛の改善には、生活上の注意も大切です。 洋式の生活(ベッド、洋式トイレ、いす)に切り替える……洋式生活のほうが、股関節への負担が少なく、痛みの軽減に役立ちます。 温める……お風呂…続きを読む

最近増えている股関節症について

増えている変形性股関節症 股関節の障害を放置していると、クッションともいえる軟骨部分がすり減って炎症を起こし、痛みを感じるようになります。それが最近増えている変形性股関節症です。 原因の多くは、先天性のものです。もともと…続きを読む