よく検索されるキーワード :

外反母趾の予防法

正しい歩き方でウォーキングをする 正しい姿勢で歩く習慣をつけたり、足の筋力を強化することは外反母趾の予防になります。まず、手を振りながら少し大股で歩き、かかとから着地しましょう。こうすると自然と背筋が伸びます。さらに、上…続きを読む

間欠跛行とは

歩行は可能なのですが、ある距離、例えば100mほどの歩行で、両下肢にシビレと下肢痛が出現し、歩行できなくなります。 腰を下ろして、つまり腰を前屈位でしばらく休憩するとまた歩行が可能になります。 それを繰り返す歩行症状を間…続きを読む

体温を上げる

日本人の平均体温は36.8℃~37.0℃が理想 最近は日本人の体温が低下してきているという説があり、平熱が35℃台の人も増えているようです。 体温は、1℃下がると免疫力が30%低下するといわれ、また35℃台の体温はガン細…続きを読む

首と名のつくところを冷やさない

首・手首・足首…。 人間の体の中には、首(くび)と名のつくところが幾つか在ります。 首、手首、足首、腰(くびれ)、これらはすべて体を健康に保つために重要な部位で、冷やさないようにすることが大切です。 これらの…続きを読む

体温を上げるには歩くことが最も効果的!

足の温度は、体温と比べ低く30℃~32℃ぐらいが理想的 冷え症の人の足は26℃前後しかない人も多いそうです。 歩くことで足の温度を簡単に上げることができます。 ひざの悪い人はつま先立ちを繰り返し土踏まずと 足首を動かしま…続きを読む

筋肉痛の予防法

1.普段から運動習慣をつける 日頃から筋肉を鍛えておくと、筋肉痛になりにくくなります。 ジョギングやウォーキングなどを普段から続けておきましょう。 忙しくてあまり運動できないときは、家でテレビを見ながらのラジオ体操や足踏…続きを読む

関節痛の予防法

1.適度な運動を毎日行う 自宅でもできる簡単な運動を毎日行い、関節の劣化を防ぎましょう。 左右の腿を交互に、できるだけ水平に高く上げる腿上げや、椅子に座って片足を前にピンと伸ばし、10秒間静止する運動、ウォーキングなどが…続きを読む

関節痛の対処法

1.生活習慣の見直しをする 体重や靴、運動過剰など、関節に負担をかけるようなことをしていないか、生活習慣を見直して改善していきましょう。 2.慢性的な関節の痛みには温熱療法 慢性的に関節が痛むときには患部を温めて痛みやこ…続きを読む

捻挫の予防法

1.運動前にウォーミングアップをする 体の筋肉や関節が硬いまま激しい運動を始めると、 捻挫の危険性が高くなります。運動を行う前には、 必ず十分なウォーミングアップを行いましょう。また、日頃から、ストレッチングを行い、筋肉…続きを読む

柔軟性があることのメリット

柔軟性を高めるための最も手軽な方法がストレッチです。 ストレッチは1人でも簡単に行うことができ、時間や場所をとりません。 柔軟性を高めることで、身体にはさまざまな変化がみられるようになります。 基礎代謝が上がり、血行が良…続きを読む