よく検索されるキーワード :

変形性股関節症

どんな病気か 長年の使用や繰り返される負担、けがなどによって、関節の軟骨がすり減ったり、骨の変形が生じたりする病気です。 原因 原因がはっきりしない加齢に伴う一次性の変形性股関節症と、 何らかの原因で生じる二次性の変形性…続きを読む

大腿骨頭すべり症

どんな病気か 成長軟骨層は血行不全のみならず、力学的にも障害を受けやすい場合があります。 大腿骨頭の成長軟骨層の一部の骨端線(成長軟骨の最後の部分が線状になっている)部分は、骨成長が終了すると均一で強固な骨になりますが、…続きを読む

大腿骨顆部骨壊死

どんな病気か 膝関節の大腿骨顆部(膝のすぐ上で大腿骨が大きくなっているところ。 内側顆部と 外側顆部がある)に骨壊死を生じる病気です。 いろいろな病気でステロイド薬を大量投与した場合に、大腿骨頭壊死症と同様に全身性の骨壊…続きを読む

大腿骨壊死

どんな病気か 股関節内の大腿骨頭(大腿骨の骨盤側、球形の形のため骨頭と呼ばれる)の軟骨直下の骨が、血行障害により栄養分がとれずに壊死状態になって 脆弱化し、つぶれて破壊される病変です。 大腿骨頭壊死は大人の血行障害のため…続きを読む

ペルテス病

どんな病気か 小児期に、股関節内の 大腿骨頭(大腿骨の骨盤側、球形のため骨頭と呼ばれる)部の 骨端核(成長軟骨部)が障害される病気です。 股関節痛のため歩行が困難になったり、 跛行(歩く様子に異常を認めること。左右の下肢…続きを読む

疲労骨折(下腿・足関節)

どのような病気か ランニングやジャンプなどのスポーツ活動を行うことにより、骨の同じところにストレスが繰り返しかかって内部に微細な骨折を生じる場合があります。 運動を続けていると、それが修復する前に次の微細な骨折が生じ、つ…続きを読む

アキレス腱炎・アキレス腱周囲炎

どのような病気か アキレス腱炎は使いすぎによるオーバーユース症候群のひとつで、スポーツ障害としては頻度の高いものです。 繰り返しのストレスによりアキレス腱に微細な部分断裂や 瘢痕化(きずあと)が生じており、腱の変性が認め…続きを読む

下腿コンパートメント症候群

どのような病気か 下腿には足を動かすための多くの筋肉があり、よく似たはたらきをする筋肉同士が集まってグループを形成しています。 その間は 強靱な筋膜で隔てられ、それぞれがコンパートメント(区画)のなかにおさまるような構造…続きを読む

鷲足炎

どのような病気か 半腱様筋腱、薄筋腱、縫工筋腱は 脛骨の近位内側にまとまって付着・停止しています。 この3つの腱を総称して鵞足と呼び、この部分に起こる炎症を鵞足炎といいます。 鵞足は 内側側副靭帯の表層にあり、膝の屈伸運…続きを読む

腸脛靭帯炎

どのような病気か 大腿筋膜張筋は、膝の近くでは丈夫な筋膜となって 脛骨に付着します。この筋膜と大腿骨外側の突出が摩擦を起こすことで痛みが生じる病気です。 膝がO脚の人や、足関節が回外足など下肢のアライメント(骨や関節の並…続きを読む