よく検索されるキーワード :

神経ベーチェット病

どんな病気か ベーチェット病は全身の病気で、次にあげる特徴的な4つの主症状を示します。 (1)口腔粘膜の再発性アフタ性 潰瘍 (2)皮膚病変:痛みを伴う 結節性紅斑様の皮疹や 毛嚢炎が多く、また患者さんの皮膚は刺激に敏感…続きを読む

脳腫瘍

どんな病気か 頭蓋骨のなかにできる腫瘍です。体のほかの部位にできたがんが転移してくる転移性脳腫瘍と、脳そのものから腫瘍ができる 原発性脳腫瘍に分類されます。 原発性脳腫瘍は、さらに良性と悪性とに分けられます。 診断は、手…続きを読む

神経痛

どんな病気か 特定の末梢神経の支配領域に、発作性、反復性に痛みがみられる場合、神経痛と呼びます。 痛みは、針で刺されたような鋭い痛みで、不規則な間隔で繰り返し起こりますが、長時間持続することはありません。 原因 原因が不…続きを読む

群発頭痛

どんな病気か 片側の眼窩部、眼窩上部、または側頭部の激しい疼痛と同時に、同じ側の眼球の結膜充血、涙、鼻閉・鼻汁などがみられ、同じ側の瞳孔の 縮瞳や 眼瞼下垂などを伴う頭痛を群発頭痛と呼びます。有病率は0・1%以下とされて…続きを読む

緊張性頭痛

どんな病気か 機能性頭痛のひとつで、日本でも約20~30%の有病率といわれ、最も多く認められる頭痛です。 以前は 筋収縮性頭痛といわれていましたが、筋肉の収縮を伴うタイプと伴わないタイプがあり、緊張型頭痛といわれるように…続きを読む

急性散在性脳脊髄炎

どんな病気か 感染後やワクチン接種後に、まれに脳や 脊髄せきずいなどの中枢神経の全体を急性に侵すまれな炎症性 脱髄だつずい疾患です。 原因 麻疹、 風疹、 水痘、インフルエンザなどのウイルス感染後や、まれではありますがワ…続きを読む

多発性硬化症

どんな病気か 多発性硬化症(MS)という名称は「脳や脊髄に多発性の硬い病巣がみられる病気」という意味からつけられています。 この病巣は 脱髄病変といい、神経線維を覆っている髄鞘が主に障害されています。 この病変が大脳、 …続きを読む

圧迫性ニューロパチー

どんな病気か 末梢神経幹に圧力が加わることにより生じるもので、1本の神経が侵される(単ニューロパチー)ことがほとんどです。 原因 体外からの圧迫だけでなく、神経周囲組織の 肥厚、 腫瘤の圧迫でも起こります。 末梢神経幹が…続きを読む

小脳出血・小脳梗塞

どのような病気か 小脳には、体の運動(手足の動き、しゃべるための口・舌・のどの動き、眼の動きなど)をスムーズにする機能と、体のバランスを保つ機能とがあります。 そのため小脳が侵されると、手足の運動のぎこちなさや、ろれつの…続きを読む

脳膿瘍

どんな病気か 脳膿瘍は、脳実質内に限局性にうみがたまった状態をいいます。 膿瘍の形成過程は、まず脳のある部分にうみがたまっていない巣状の急性炎症が生じます。 次に、明らかな化膿性の炎症が起こり、うみがみられるようになりま…続きを読む