よく検索されるキーワード :

肩が抜けるのは癖になる

肩関節の脱臼が「くせになる」原因は何? 肩やあごを脱臼すると、その後日常生活の動作などの小さな力でも脱臼を繰り返すことがあります。 これは、痛みがなくなったからといって、自己判断で三角巾を外して運動を始めたりすることによ…続きを読む

あなたの体型、肩こり起きやすい?

肩こりを起こしやすい体型 なで肩、極端なやせ型や肥満体、猫背の人は肩こりになりやすいといわれています。 なで肩や極端に痩せている人は、首や肩の筋肉があまり発達していない場合が多く、疲労しやすい傾向にあります。 肥満体の人…続きを読む

筋肉痛

筋肉痛における日常生活から考えられる原因 ・運動による筋肉の損傷 普段動かしていない筋肉を急に使ったり、長時間にわたって運動したりすると、筋肉を構成する筋線維やその周りの組織がダメージを受け炎症を起こします。普段運動して…続きを読む

リウマチ熱

どんな病気か 上気道感染に続発する非化膿性炎症性疾患で、心臓のほかにも関節、皮膚、皮下組織、中枢神経系などに病変が現れます。 約半数の場合で心病変が現れるといわれています。 原因 明らかな原因は不明ですが、A群β型溶血連…続きを読む

圧迫性ニューロパチー

どんな病気か 末梢神経幹に圧力が加わることにより生じるもので、1本の神経が侵される(単ニューロパチー)ことがほとんどです。 原因 体外からの圧迫だけでなく、神経周囲組織の 肥厚、 腫瘤の圧迫でも起こります。 末梢神経幹が…続きを読む

くも膜下出血

どのような病気か 脳はに外側から 硬膜、くも膜、 軟膜の3枚の膜で覆われています。くも膜の下(内側)には 脳脊髄液という液体がありますが、この部分に出血するのがくも膜下出血です。 働き盛りの人に起こり、死亡率も高い病気で…続きを読む

脊髄腫瘍

どんな病気か 脊髄と脳を合わせて中枢神経と呼び、脊髄とは 脊椎(背骨)の内部に存在する中枢神経を示します。 脊髄(中枢神経)は外側から硬膜、くも膜、軟膜と呼ばれる3つの膜に包まれており、脊髄腫瘍とは、脊髄内部の細胞や脊髄…続きを読む

脊髄空洞症

どんな病気か 脊髄は、脳から腰の上部へと連続する中枢神経の一部です。脳や脊髄のまわりには 脳脊髄液という液体が流れており、脳のなかにある脳室や脊髄の中心部にある中心管にも脳脊髄液が流れています。 脊髄空洞症とは、脳脊髄液…続きを読む

頸椎後縦靭帯骨化症

どんな病気か 頸椎を補強している靭帯組織のうち椎体後方、すなわち 脊髄の前方に位置する後縦靭帯が骨組織になり、肥厚してくる病気です。 骨化した靭帯は、頸椎の可動性を減少させながら 脊柱管内で脊髄を徐々に圧迫し、麻痺症状を…続きを読む

頸椎椎間板ヘルニア

どんな病気か 頸椎は7個の椎骨で構成されていますが、第1頸椎は 環椎、第2頸椎は軸椎と呼ばれ、第3頸椎以下とはまったく異なる形状をしており、椎間板が存在するのは第2頸椎以下です。 椎間板は椎骨間で衝撃を吸収してクッション…続きを読む