よく検索されるキーワード :

首の痛みは大きな頭のせい

首は3~4キロもの頭を支えている! 首は、体の他の部位に比べて、動く範囲が非常に広いのが特徴です。 前に約60度、後ろと左右に約50度倒すことができ、振り向くときには約60度もねじることができます。 しかも、首は重い頭部…続きを読む

筋肉痛

筋肉痛における日常生活から考えられる原因 ・運動による筋肉の損傷 普段動かしていない筋肉を急に使ったり、長時間にわたって運動したりすると、筋肉を構成する筋線維やその周りの組織がダメージを受け炎症を起こします。普段運動して…続きを読む

癌性胸膜炎

どんな病気か がんが胸膜に 播種(ばらまかれること)し、胸水がたまる病気です。 原因 がん性胸膜炎を引き起こす悪性腫瘍としては肺がんが最も多く、次いで胃がん、乳がん、卵巣がん、 膵、悪性胸膜 中皮腫などが頻度の高い原因で…続きを読む

膿胸

どんな病気か 胸膜の感染症により、胸腔内に 膿性の液体がたまったものです。 原因 肺炎や肺膿瘍が胸膜に広がり、細菌が胸腔内に侵入して発症することが多く、起炎菌としては、黄色ブドウ球菌、肺炎桿菌、ストレプトコッカスミレリ、…続きを読む

中葉症候群

どんな病気か 右中葉気管支あるいは 左舌区気管支が塞がって、中葉、舌区が拡張不全を起こした状態をいいます。 原因 右中葉気管支あるいは左舌区気管支は走行が長く、周囲にリンパ節があるため、解剖学的にふさがりやすいと考えられ…続きを読む

細菌性肺炎

どんな病気か 肺炎は、気管支より末梢の酸素と二酸化炭素を交換する肺胞と呼ばれる部位に起こる感染に伴う炎症、と定義されます。 肺胞は気道とつながっているので、同時に気管支炎も起こします。肺炎では肺胞にまで微生物が侵入し、そ…続きを読む

マルファン症候群

どんな病気か 体を構成する細胞と細胞や、組織と組織をつなぐ結合組織に、異常を来す遺伝性の疾患です。 主に骨格系、眼、心臓血管系に病変が認められ、特徴ある体型を示しています。 生命に関わるのは大動脈の病変です。血管壁の結合…続きを読む

大動脈解離

どんな病気か 大動脈の壁に 亀裂(エントリーと呼ぶ)が入り、壁が内膜と外膜とに分離されてしまう病気を大動脈解離といいます。 突然に発症することが多く、その場合は急性大動脈解離と呼ばれ、急性 心筋梗塞とならんで、すぐに対処…続きを読む

心房細動

どんな病気か 心房細動は、心房が1分間に450~600回の頻度で不規則に興奮し、その興奮波が 房室結節へ無秩序に伝わるために、心室興奮は確実に不規則になる不整脈です。 心房細動が絶対性不整脈といわれるゆえんです。 房室結…続きを読む

リウマチ熱

どんな病気か 上気道感染に続発する非化膿性炎症性疾患で、心臓のほかにも関節、皮膚、皮下組織、中枢神経系などに病変が現れます。 約半数の場合で心病変が現れるといわれています。 原因 明らかな原因は不明ですが、A群β型溶血連…続きを読む