よく検索されるキーワード :

悪くなる前に対策を!夏バテの解消法!

日中の暑さに合わせ、夜も寝苦しい日が続きますが、バテてきませんか?夏バテの解消法は日々のケアから始まります。日常生活から出来る予防策をしっかり行い、この暑い夏をバテずに乗り切りましょう! 日常生活でできる予防法 ・栄養価…続きを読む

夏バテが引き起こす症状。要注意!!

夏バテが引き起こす疾患 ・夏風邪 夏バテによる免疫力の低下によって、夏風邪にかかることがあります。特徴は、冬の風邪と違ってせきやたんはあまり出ないことが多く、のどの強い痛みと下痢を引き起こしやすいことです。それに加え、微…続きを読む

夏バテの原因は?

常に暑い日が続く今日このごろ。夏バテの日常生活から考えられる原因は? ・室内外の温度差による自律神経の乱れ 猛暑の屋外から、エアコンで冷えた室内に戻るときなどの急激な温度差は体力を消耗し、夏バテの原因になります。さらに冷…続きを読む

夏バテになってませんか?

今年も続く、暑い日。そろそろバテて来ませんか? 夏バテとは、体がだるいや食欲が無いなどの症状が起こりやすいのが夏バテです。その原因は様々なものがあります。 冷たいものばかりを食べて内臓が冷えたり、暑くてサッパリしたものば…続きを読む

高齢者の熱中症には注意が必要!

夏の暑い日が続いておりますが、全国各地で熱中症によるニュースが多く報道されておりますが、何故、運動量の少なく汗をかく量の少ないはずの高齢者の報道が多く有るのでしょうか? 人間の体に占める水分の割合は60%もあります。 し…続きを読む

寄稿コラム第12回 『息切れがあると運動しちゃだめ?』

真鍋 周志 先生

『息切れがあると運動しちゃダメ?』 COPDの代表的な症状として息切れがあります。 症状の程度に差はあれど、息が切れやすいと運動を避けがちです。 では、運動をしてはいけないのでしょうか?   答えはNOです。 …続きを読む

呼吸リハビリはQOL(生活の質)向上のために必須

人はもちろん、ほとんどの動物が活動するためには酸素は欠かせません。 酸素は空気中に存在しているので、それを、肺をはじめとする呼吸器系の臓器を介して体内に取り入れています。 そうした機能を持つ臓器が病気になり、正常に働かな…続きを読む

息切れの予防法

1.塩分を控えるなど、食生活に気を配る 日々の食生活を見直すことで、心臓への負担を減らすことができます。第一に血圧上昇の大きな原因となる塩分を控えること。減塩しょうゆを使ったり、塩分の代わりに酢や香辛料で味付けするなどの…続きを読む

息切れの対処法

まずは、楽な姿勢になって安静にする 多くの息切れは、楽な姿勢になって安静にすることで自然におさまります。 胸の前に大きなクッションを置き抱えるようにすると落ち着く場合が多いです。 注意 気管支喘息の発作では、横になるとよ…続きを読む

静脈血栓塞栓症

どんな病気か 体には、心臓から手足のほうへ流れている動脈と、手足から心臓のほうへ流れる静脈があり、このなかを血液が流れています。 心臓はポンプの役目をして、血液を動脈に送り出しています。静脈にはポンプはありませんが、代わ…続きを読む