よく検索されるキーワード :

発作性上室性頻拍

どんな病気か 突然脈拍が速くなり、しばらく続いたあとに突然止まる頻拍で、心房は房室接合部と呼ばれる心室以外の組織が頻拍に関わっているものを指します。 突然現れて突然止まる頻拍は、一般にリエントリー(回帰興奮あるいは回帰収…続きを読む

アダムス・ストークス症候群

どんな病気か 急に発生した極端な 徐脈、心停止、 頻脈ひんみゃくのために、心臓から脳への血液の供給が大きく低下したり停止して、脳の酸素低下を来した場合をいいます。その結果、めまい・失神・けいれんが現れて死に至ることもある…続きを読む

房室ブロック

どんな病気か 心臓の刺激伝導システムのどこかに異常が生じると、心臓の内部で伝導時間の延長や伝導の途絶が起こります。 これをブロックといいます。この病気では心房からの刺激が心室に伝わる過程に異常があるために、心室の興奮が通…続きを読む

洞不全症候群

どんな病気か 洞不全症候群とは、主に 洞結節 右心房の壁と上大静脈の境にある三日月状のもの)の働きが低下することによって脈が遅くなり、そのために脳、心臓、腎臓などの臓器の機能不全が現れる病気です。 心電図的には以下のよう…続きを読む

三尖弁閉鎖不全

どんな病気か・原因は何か 三尖弁閉鎖とは、三尖弁口が閉鎖して、右心房と右心室の交通が遮断された心奇形です。 全先天性心疾患の1~3%を占め、その多くは肺血流の多寡によって新生児早期からチアノーゼ(皮膚や粘膜が紫色になるこ…続きを読む

ファロー四徴症

どんな病気か 大きい心室中隔欠損があり、右心室の出口(漏斗部)が狭い病気です。チアノーゼ(皮膚や粘膜が紫色になること)性心臓病の代表であり、乳児期から幼児期に特有のチアノーゼ発作を起こして治療が必要になります。 原因とし…続きを読む

心室中隔欠損症

どんな病気か 心臓には右心房、右心室、左心房、左心室の4つの部屋がありますが、そのうち右心室と左心室の間を隔てる壁つまり心室中隔に孔あながあいた病気を心室中隔欠損症と呼びます。 原因 遺伝性や家族性が認められるものではな…続きを読む

心サルコイドーシス

どんな病気か サルコイドーシスは、全身のいろいろな臓器に肉芽腫という炎症性の病変が生じて障害を起こす原因不明の病気です。 肺や眼の病気として知られていますが、心臓にも肉芽腫ができて心臓のはたらきを邪魔することがあります。…続きを読む

拡張型心筋症

どんな病気か 拡張型心筋症は、心筋の細胞の性質が変わって、特に心室の壁が薄く伸び、心臓内部の空間が大きくなる病気です。 その結果、左心室の壁が伸びて血液をうまく送り出せなくなり、うっ血性心不全を起こします。左心室の血液を…続きを読む

リウマチ熱

どんな病気か 上気道感染に続発する非化膿性炎症性疾患で、心臓のほかにも関節、皮膚、皮下組織、中枢神経系などに病変が現れます。 約半数の場合で心病変が現れるといわれています。 原因 明らかな原因は不明ですが、A群β型溶血連…続きを読む