よく検索されるキーワード :

神経膠腫

どんな病気か 脳の神経膠細胞から発生する 腫瘍です。脳腫瘍全体の約25%を占めます。 40~60代の壮年に発生することが多いのですが、小児でもその発生は認められます。成人の場合は大脳の前頭葉、 側頭葉、 頭頂葉に多く、小…続きを読む

多発性硬化症

どんな病気か 多発性硬化症(MS)という名称は「脳や脊髄に多発性の硬い病巣がみられる病気」という意味からつけられています。 この病巣は 脱髄病変といい、神経線維を覆っている髄鞘が主に障害されています。 この病変が大脳、 …続きを読む

筋ジストロフィー

どんな病気か 筋ジストロフィーの定義は、遺伝性で進行性の筋力低下を示すミオパチー(筋肉病)です。 さまざまな疾患が含まれており、近年、遺伝子異常が明らかにされ、研究が急速に進歩しつつある分野です。 性染色体劣性遺伝病であ…続きを読む

アミロイドニューロパチー

どんな病気か アミロイドとは、絹のような構造をもつ特異な蛋白質で、体のいろいろな臓器や組織に沈着することにより臓器の障害を起こします。 全身にアミロイドが沈着するもの(全身性アミロイドーシス)と局所に沈着するもの(限局性…続きを読む

脊髄腫瘍

どんな病気か 脊髄と脳を合わせて中枢神経と呼び、脊髄とは 脊椎(背骨)の内部に存在する中枢神経を示します。 脊髄(中枢神経)は外側から硬膜、くも膜、軟膜と呼ばれる3つの膜に包まれており、脊髄腫瘍とは、脊髄内部の細胞や脊髄…続きを読む

足関節滑液包炎

どんな病気か 足関節(足首の関節)の前方にある滑液包に炎症がおこり、はれや痛みを生じる病気です。 原因 滑液包は関節の周囲の骨と関節の間など、大きな動きが必要な場所にできる袋状の潤滑装置で、内側には通常でも少量の滑液が入…続きを読む

変形性足関節症

どんな病気か 長年の使用や繰り返される負担、けがなどによって、関節の軟骨がすり減ったり、骨の変形が生じたりする病気です。 原因 原因がはっきりしない加齢に伴う一次性の変形性足関節症と、何らかの原因で生じる二次性の変形性足…続きを読む

変形性膝関節症

どんな病気か 長年の使用や繰り返される負担、けがなどによって、関節の軟骨がすり減ったり、骨の変形が生じたりする病気です。 原因は何か 原因がはっきりしない加齢に伴う一次性の変形性膝関節症と、何らかの原因で生じる二次性の変…続きを読む

変形性股関節症

どんな病気か 長年の使用や繰り返される負担、けがなどによって、関節の軟骨がすり減ったり、骨の変形が生じたりする病気です。 原因 原因がはっきりしない加齢に伴う一次性の変形性股関節症と、 何らかの原因で生じる二次性の変形性…続きを読む

大腿骨頭すべり症

どんな病気か 成長軟骨層は血行不全のみならず、力学的にも障害を受けやすい場合があります。 大腿骨頭の成長軟骨層の一部の骨端線(成長軟骨の最後の部分が線状になっている)部分は、骨成長が終了すると均一で強固な骨になりますが、…続きを読む