よく検索されるキーワード :

関節痛の対処法

1.生活習慣の見直しをする 体重や靴、運動過剰など、関節に負担をかけるようなことをしていないか、生活習慣を見直して改善していきましょう。 2.慢性的な関節の痛みには温熱療法 慢性的に関節が痛むときには患部を温めて痛みやこ…続きを読む

捻挫の予防法

1.運動前にウォーミングアップをする 体の筋肉や関節が硬いまま激しい運動を始めると、 捻挫の危険性が高くなります。運動を行う前には、 必ず十分なウォーミングアップを行いましょう。また、日頃から、ストレッチングを行い、筋肉…続きを読む

多発性硬化症

どんな病気か 多発性硬化症(MS)という名称は「脳や脊髄に多発性の硬い病巣がみられる病気」という意味からつけられています。 この病巣は 脱髄病変といい、神経線維を覆っている髄鞘が主に障害されています。 この病変が大脳、 …続きを読む

脊髄腫瘍

どんな病気か 脊髄と脳を合わせて中枢神経と呼び、脊髄とは 脊椎(背骨)の内部に存在する中枢神経を示します。 脊髄(中枢神経)は外側から硬膜、くも膜、軟膜と呼ばれる3つの膜に包まれており、脊髄腫瘍とは、脊髄内部の細胞や脊髄…続きを読む

足関節捻挫

どのような病気か 足首は最も捻挫しやすい関節です。捻挫は関節周囲の軟部組織( 靭帯や 関節包)の損傷の総称なので、単に筋を伸ばしたという程度から、重要な靭帯の断裂までいろいろです。 そのうえ、X線写真で骨折や脱臼が見つか…続きを読む

捻挫

どんな外傷か 関節が不自然な外力により生理的な可動範囲を超えるような動きを強制された時に発生する、代表的な外傷が捻挫や 脱臼です。 このうち関節を構成している相互の骨と骨の間にずれのないものを捻挫といい、多少なりともずれ…続きを読む

捻挫

患部の炎症症状が強い場合には、適度な冷却を行うのが良い 捻挫(ねんざ)は、関節に関節の許容範囲を超えた動きが与えられた為におきる損傷の一つである。 多くは患部に痛みと腫脹、熱感を伴う。一般用語として多用されるが、医学用語…続きを読む