よく検索されるキーワード :

急性心膜炎

どんな病気か 心臓を取り巻く心膜の炎症です。急速に心タンポナーデ(コラム)という状態が進行し、生命に危険が及ぶ場合があるので、迅速な診断が要求されます。 原因 原因のわからない症例(特発性)もしばしばみられます。 ウイル…続きを読む

大動脈弁閉鎖不全

どんな病気か 大動脈弁の閉鎖不全により、左心室から上行大動脈に押し出された血液が再び拡張期に左心室に逆流してしまうために、左心室は拡張し、肥大します(遠心性肥大)。 原因 原因としてはリウマチ性、二尖弁、感染性心内膜炎な…続きを読む

大動脈弁狭窄症

どんな病気か 大動脈弁に狭窄が起こると、左心室から大動脈に血液を十分に押し出せなくなってしまいます。 また、左心室の内圧が上昇し、これに対応するため左心室の心筋(心臓の筋肉)が肥大します。心腔はあまり拡張しません(求心性…続きを読む

僧房弁閉鎖不全症

どんな病気か 僧帽弁の閉鎖が損なわれ、左心室から大動脈に押し出される(駆出)べき血液の一部が、再び収縮期に左心房に逆流してしまう状態です。 したがって大動脈への駆出量が減ってしまいます。左心室は容量が増加して拡大し、また…続きを読む

僧房弁狭窄症

どんな病気か 僧帽弁が狭窄して十分に開かれなくなるために、左心房から左心室に血液が流れ込みにくくなってしまう病気です。 原因 ほとんどがリウマチ熱の後遺症として、リウマチ熱に罹患後、少なくとも2年以上かけて発症します。 …続きを読む

急性散在性脳脊髄炎

どんな病気か 感染後やワクチン接種後に、まれに脳や 脊髄せきずいなどの中枢神経の全体を急性に侵すまれな炎症性 脱髄だつずい疾患です。 原因 麻疹、 風疹、 水痘、インフルエンザなどのウイルス感染後や、まれではありますがワ…続きを読む

くも膜下出血

どのような病気か 脳はに外側から 硬膜、くも膜、 軟膜の3枚の膜で覆われています。くも膜の下(内側)には 脳脊髄液という液体がありますが、この部分に出血するのがくも膜下出血です。 働き盛りの人に起こり、死亡率も高い病気で…続きを読む

静脈血栓塞栓症

どんな病気か 体には、心臓から手足のほうへ流れている動脈と、手足から心臓のほうへ流れる静脈があり、このなかを血液が流れています。 心臓はポンプの役目をして、血液を動脈に送り出しています。静脈にはポンプはありませんが、代わ…続きを読む

強直性脊椎炎

どんな病気か 脊椎の 靭帯・腱が骨に付着する部分や 椎間板が 椎体ついたいに付着する部分、椎間関節の炎症により、脊柱の椎体間に 癒合ゆごうが生じて脊柱の運動制限を来す病気です。 欧米人に比べて日本人には少なく、男性に多く…続きを読む

多発性筋炎、皮膚筋炎

どのような病気か 多発性筋炎(PM)は、筋肉の障害(炎症や変性)により、筋肉に力が入らなくなったり、筋肉の痛みを感じたりする病気です。 また、特徴的な皮疹(ゴットロン徴候やヘリオトロープ疹など)がみられる場合には、皮膚筋…続きを読む