よく検索されるキーワード :

糖尿病予防のためにカルシウムを!

糖尿病予防のために有効なものがあります!  糖尿病の患者さんの中には、カルシウムが糖尿病(2型)の改善に大切なことを知っている方もおられることでしょう。でも、血糖値が少し高めといわれている予備軍の方など、一般の方にはまだ…続きを読む

閉塞性動脈硬化症の予防は日頃の運動

動脈硬化は血管の老化ともいわれ、誰にでも起こります。ただ。老化の速度は、人によってかなり違います。 日ごろから生活に気をつけ、動脈硬化になりにくくすることが、閉塞性動脈硬化症の予防につながります。 特に、この病気は脚に症…続きを読む

動脈硬化症の初期症状は冷えから

動脈硬化を診るには初期症状に注意が必要! 歩く→痛む→休む…の繰り返しは、病気に気づく重要なサインですが、実は、その段階では動脈硬化がかなり進んでいます。 では、もっと初期の症状はといえば、それは冷えです。 冷えというと…続きを読む

冷え性に効く食事

体を温めるものを食べる。それが冷え性に効果絶大! 基本的に、体温より温かいものを食べましょう。冷たいものを食べると、それだけで体温が奪われてしまうからです。サラダより温野菜、冷奴より湯豆腐がお勧めです。少なくとも、冷蔵庫…続きを読む

男性の冷え性に要注意

女性だけではありません。男性も! 冷え症は女性特有のものと思いがちですが、実は男性にも冷え症はあります。 原因は女性と同じように、手足の先に行く細い血管の血行不良です。 男性の場合は冷えによって腰痛やED(勃起不全)を引…続きを読む

冷え症とは

日常生活から考えられる原因はなんなのか? ・栄養が偏った食生活によるエネルギー不足 栄養バランスが偏った食事を続けていると、体の基礎となるたんぱく質や脂質、炭水化物と、それらの栄養を熱に変えるビタミン、ミネラルが不足し、…続きを読む

リンパ浮腫

どんな病気か リンパ管の圧迫や 狭窄のためにリンパ管の流れが悪くなると、リンパ管の内容物がリンパ管の外にしみ出し、むくみが現れます。 とくに重要なのが蛋白質で、蛋白質がリンパ管からもれて組織内に蓄積されると、組織細胞の変…続きを読む

甲状腺機能低下症

どんな病気か 甲状腺ホルモンは代謝を亢進させ、運動および精神機能を活発にさせるホルモンです。 甲状腺機能低下症はこのホルモンの不足により甲状腺機能が低下する状態で、全身の臓器の機能低下が起こる病気です。 原因 甲状腺その…続きを読む

多発性硬化症

どんな病気か 多発性硬化症(MS)という名称は「脳や脊髄に多発性の硬い病巣がみられる病気」という意味からつけられています。 この病巣は 脱髄病変といい、神経線維を覆っている髄鞘が主に障害されています。 この病変が大脳、 …続きを読む

脊髄腫瘍

どんな病気か 脊髄と脳を合わせて中枢神経と呼び、脊髄とは 脊椎(背骨)の内部に存在する中枢神経を示します。 脊髄(中枢神経)は外側から硬膜、くも膜、軟膜と呼ばれる3つの膜に包まれており、脊髄腫瘍とは、脊髄内部の細胞や脊髄…続きを読む