よく検索されるキーワード :

脳膿瘍

どんな病気か 脳膿瘍は、脳実質内に限局性にうみがたまった状態をいいます。 膿瘍の形成過程は、まず脳のある部分にうみがたまっていない巣状の急性炎症が生じます。 次に、明らかな化膿性の炎症が起こり、うみがみられるようになりま…続きを読む

くも膜下出血

どのような病気か 脳はに外側から 硬膜、くも膜、 軟膜の3枚の膜で覆われています。くも膜の下(内側)には 脳脊髄液という液体がありますが、この部分に出血するのがくも膜下出血です。 働き盛りの人に起こり、死亡率も高い病気で…続きを読む

パーキンソン病

どのような病気か 50歳以降に発症することが多く、いくつかの特徴的な症状がみられます。 手足が震える、筋肉がこわばる、動作が遅くなる、歩きづらくなるなどで、徐々に症状が進行し、10数年後には寝たきりになる患者さんもいます…続きを読む

繊維筋痛症

 どのような病気か 線維筋痛症は新たに現れた病気でなく、以前には別な病名で呼ばれていたものを、この病名に統一したものです。 この病気の主な症状は、体の広範な部位に起こる激しい慢性の 疼痛と「こわばり」ですが、その他に激し…続きを読む

肺動脈血栓性塞栓症

どのような病気か 最近は、航空機を長時間利用した旅行が増えてきたこともあり、エコノミークラス症候群(旅行者血栓症)としても知られるようになってきました。 下肢の静脈にできた血栓(深部静脈血栓)が、静脈壁からはがれて血流で…続きを読む