よく検索されるキーワード :

見逃すと生命にかかわる頭痛を知ろう!

病気のサインは数多くありますが、私たちが最も不安になる症状の1つが“頭痛”なのでは…。 その頭痛には上手に付き合わざるを得ない『機能性頭痛』と、脳やその他の部位の疾患のサインとして現れる『症候性頭痛』がありま…続きを読む

春は自律神経が乱れやすい

【1】体のスイッチ「自律神経」 自律神経は、私たちの体の中にある神経のひとつで、内臓や血管、分泌腺などをコントロールし、心臓の働き、血圧や体温の調節、食べ物の消化など、私たちが生きていく上で欠かせない体の働きを維持してい…続きを読む

増えている「脳梗塞」、減っている「脳出血」

脳卒中とは? 脳の血管がつまってそこから先に血液が流れなくなるのが「脳梗塞」、脳の血管が破れて脳の中に出血するのが「脳出血」です。これらを合わせて「脳卒中」と言います。脳卒中は日本人の3大死因の1つで、7-8人に1人はこ…続きを読む

脳梗塞の治療法

脳梗塞の治療法は時期によって大きく異なります。脳梗塞の治療は手術治療を行うより、点滴治療や内服治療といった内科的な治療が一般的。薬物治療だけでなく、リハビリテーションを組み合わせることが非常に大事です。 脳梗塞になると手…続きを読む

めまいの予防法

生活のリズムを整える 夜ふかしをしたり、朝食を抜いたりすると体本来のリズムが狂い、自律神経のバランスが乱れてめまいが起きやすくなります。食事はできるだけ決まった時間に3食とり、早寝早起きの習慣をつけて十分な睡眠時間をとる…続きを読む

脳震盪の危険性と予防策

スポーツ中の脳振盪の危険性と予防対策 体を動かして汗をかくのは気持ちがいいもの。初夏から秋は、スポーツに親しむ人たちがぐっと増えますが、競技大会や合宿などが多い季節は、スポーツによる頭部外傷が増える時期でもあります。スポ…続きを読む

見落とすと危険。頭痛のポイント!

女性と子供に特有の頭痛 頭痛とのつき合い方や対処法は、その要因によって異なります。家族の健康を守るためにも、年齢や性別などに関わる頭痛の特徴を覚えておくと良いでしょう。 女性の頭痛~女性ホルモンの変化が要因~ 生理前後に…続きを読む

高血圧からくる頭痛は注意が必要

予防のためにできること 高血圧性脳症や脳出血を予防するためには、以下が大切です。 (1)高血圧を放置しないこと (2)急激な血圧上昇を防ぐこと 高血圧を放置しない定期健診などで高血圧やその予備軍と診断されたら、放置せずに…続きを読む

若年性脳梗塞は血栓を防ぐのがポイント!

血栓を防ぐ生活を 若年性脳梗塞の原因となる抗リン脂質抗体症候群、奇異性脳塞栓症、もやもや病などには、共通した特徴がみられます。それは血流の悪化により、血栓の元となる血液の固まりができやすいという点です。 そのため予防には…続きを読む

若年性脳梗塞の原因は?

若年性脳梗塞の主な原因 若年性脳梗塞にはまだ不明の部分も多いのですが、因果関係が比較的はっきりしているのが、抗リン脂質抗体症候群、奇異性脳塞栓症、もやもや病などです。 <抗リン脂質抗体症候群> 血液中に抗リン脂質抗体と呼…続きを読む