よく検索されるキーワード :

寄稿コラム 第18回『つらい冷え性を吹きとばせ!』

目川 翼 先生

夏の暑い日が過ぎ、日中も快適に過ごせるようになってきましたが、この夏の暑さも中々の暑さだったのでは無いでしょうか? オフィスや教室では、空調の管理のもと快適な環境で仕事や学業に励まれていた方も多いと思います。 しかし…。…続きを読む

手根管症候群

症状 最初に手首を動かすと人差し指や中指、 薬指の親指側半分の痺れが出現し、 手関節の脱力感や手の力が入らないような症状の進行を認めます。 原因 明なものは不明とされていますが、手の使いすぎによる腱鞘炎や妊娠時に関節内に…続きを読む

むくみの予防法

1.体を動かしたり、お風呂につかる 長時間の立ち仕事や座り仕事をする人は、ときどき姿勢を変えたりストレッチなどをして筋肉の緊張をゆるめることが大切です。帰宅したらお風呂にゆっくりつかり、足をマッサージしましょう。血行が良…続きを読む

糖尿病の初期症状。要チェック!

糖尿病の初期には、はっきりした自覚症状はありません。 しかし次のような症状は、糖尿病が関係している可能性があるので注意が必要です。 疲れやすく、根気がない インスリンの働きが低下すると、ブドウ糖をうまくエネルギーに変換で…続きを読む

糖尿病から見る脳梗塞の予防

脳梗塞の予防のためにできることとは。 脳梗塞の予防のためには、食事や運動のような長期的な対策に加え、もう少し直接的な対策を知っておくことも大切です。 脳梗塞は一般に、深夜から翌朝の午前中(とくに早朝から午前中)に起こりや…続きを読む

糖尿病と脳梗塞

糖尿病と脳梗塞のリスクには、大きな関係が。  寒い季節は、脳卒中などの血管系の病気が多くなる時期です。血管に負担がかかりやすい高血圧の方はもちろん注意が必要ですが、じつは糖尿病の方もリスクが高いことをご存じでしょうか。欧…続きを読む

糖尿病予防は筋トレで効果あり!

筋トレで糖尿病の予防 糖尿病患者が多いアメリカでは、筋肉と糖尿病との関係をめぐるいくつかの調査が実施されています。 たとえばカリフォルニア大学ロサンゼルス校の調査報告では、体重に対する筋肉量の比率が10%増加するごとに、…続きを読む

糖尿病予防のためにカルシウムを!

糖尿病予防のために有効なものがあります!  糖尿病の患者さんの中には、カルシウムが糖尿病(2型)の改善に大切なことを知っている方もおられることでしょう。でも、血糖値が少し高めといわれている予備軍の方など、一般の方にはまだ…続きを読む

指先を動かすことの効果

指先と脳の密接な関係。 「指先を動かすとボケ予防になる」という話を聞いたことはありませんか。私たちは毎日の生活のなかで、指先を使って細かい作業をしています。パソコンや携帯電話の小さなキーを押すのも、洋服のボタンをとめるの…続きを読む

夕方のひどい浮腫(むくみ)解消は

足のむくみは昼休みにとるのが一番です!コツをつかみましょう! 一日中同じ姿勢を続けていると、時間がたつにつれてむくみはどんどん強くなり、そのままにしておくと夕方には足がパンパンになります。ひどいむくみも一晩横になって休め…続きを読む