よく検索されるキーワード :

先天性ミオパチー

生下時あるいは乳児期早期に発症し、発達・発育の遅れ、筋力低下や筋緊張低下を主症状とし、 非進行性またはゆるやかに進行する骨格筋を侵す病気です。原因は遺伝子の異常です。 ミオパチーとは筋肉を侵す病気の総称です。先天性ミオパ…続きを読む

多発性筋炎

多発性筋炎は、骨格筋に原因不明の炎症が生じ、主として四肢近位筋、頸部、咽頭筋の対称性筋力低下と、 それによる障害を起こす病気です。同時に皮膚症状を伴うと皮膚筋炎と呼ばれます。 どちらも筋症状の特徴には差がないため、一括し…続きを読む