よく検索されるキーワード :

脳血管性の認知症を予防する!

脳血管性認知症を予防する 中高年になると動脈硬化などが原因で、脳卒中(脳梗塞や脳出血など)を起こしやすくなります。脳の一部がダメージを受けると、手足のまひや言語障害のほか、認知機能や記憶機能にも障害が及ぶことがあります。…続きを読む

脳梗塞に効果のある上手な水分のとり方

上手な水分補給の仕方 夏の水分補給というと、汗をかいたときに水を飲めばいい…そんなふうに簡単に考えていませんか。これは2つの点で間違っています。 <間違い1> 水分を摂取しても、からだ全体に浸透するには15~20分程度は…続きを読む

脳梗塞はいつ頃が多い?

脳梗塞は夏に多い!  脳梗塞は夏に多いということを、ご存じでしょうか。 従来、脳梗塞や脳出血などは、血圧が上昇しやすい冬に多い病気として知られていました。ところが国立循環器病センターの調査によると、脳梗塞に限っては夏のほ…続きを読む

ストレスと血圧の関係

ストレスでなぜ血圧が上がるのか 私の血圧が高いのはストレスのせいです。。それって本当でしょうか?   ストレスを受けると交感神経の働きで血管が収縮し、血圧が上昇する。 従来は、簡単にそう説明されてきました。 しかし、最近…続きを読む

脳卒中と朝

脳卒中と早朝高血圧の関係は  寒さの厳しい季節は、脳卒中が増える時期です。冷たい空気に交感神経が刺激され、血管が収縮し、血圧を上昇させるからです。 とくに問題となるのは、朝の血圧が特に高くなる早朝高血圧です。中でも、朝の…続きを読む

歩いて脳を鍛える

歩くと脳が元気になる。脳を鍛えることができるんです! 体を動かすことが脳を元気にする例は、ほかにもあります。たとえば歩くこと(ウォーキング)もそのひとつ。歩くと、足の筋肉(とくにバランスに関係する遅筋)の動きが脳を刺激し…続きを読む

脳を元気に!

脳を元気にする食べ物 ブレイン・フーズという言葉を聞いたことがありますか。ブレイン・フーズとは、脳を活性化させる食べ物のことです。 その代表的なものは、大豆食品(大豆の煮豆、豆腐、納豆、枝豆、おから、きな粉など)です。大…続きを読む

脳震盪は何が怖いの?繰り返すことで後遺症に

以前は重篤な頭部外傷などに比べて一過性のものとして、比較的軽く考えられていましたが、繰り返し受傷することで長期的な後遺症があることが知られてきたため、現在では非常に慎重な対処が求められています。実際にアメリカではNFL(…続きを読む

貧血の改善

鉄分を効率良くとるには ほうれん草や小松菜、豆類などの野菜に含まれる鉄分は非ヘム鉄といい、体への吸収率は1~6%と非常に少ないのです。 一方肉類に含まれているヘム鉄の吸収率は10~20%と、大きな差があります。 そのため…続きを読む

これって神経痛?(三叉神経)

痛みが三叉神経痛かどうかを確かめる方法 指で押さえると痛みが出る点を「圧痛点」といいます。 医師の診察でも圧痛点を調べますが、自分で押さえることで、神経痛が出ているかを確かめることができます。とくに調べやすいのは三叉神経…続きを読む