よく検索されるキーワード :

増えている「脳梗塞」、減っている「脳出血」

脳卒中とは? 脳の血管がつまってそこから先に血液が流れなくなるのが「脳梗塞」、脳の血管が破れて脳の中に出血するのが「脳出血」です。これらを合わせて「脳卒中」と言います。脳卒中は日本人の3大死因の1つで、7-8人に1人はこ…続きを読む

脳梗塞の治療法

脳梗塞の治療法は時期によって大きく異なります。脳梗塞の治療は手術治療を行うより、点滴治療や内服治療といった内科的な治療が一般的。薬物治療だけでなく、リハビリテーションを組み合わせることが非常に大事です。 脳梗塞になると手…続きを読む

めまいの予防法

生活のリズムを整える 夜ふかしをしたり、朝食を抜いたりすると体本来のリズムが狂い、自律神経のバランスが乱れてめまいが起きやすくなります。食事はできるだけ決まった時間に3食とり、早寝早起きの習慣をつけて十分な睡眠時間をとる…続きを読む

脳震盪の危険性と予防策

スポーツ中の脳振盪の危険性と予防対策 体を動かして汗をかくのは気持ちがいいもの。初夏から秋は、スポーツに親しむ人たちがぐっと増えますが、競技大会や合宿などが多い季節は、スポーツによる頭部外傷が増える時期でもあります。スポ…続きを読む

高血圧からくる頭痛は注意が必要

予防のためにできること 高血圧性脳症や脳出血を予防するためには、以下が大切です。 (1)高血圧を放置しないこと (2)急激な血圧上昇を防ぐこと 高血圧を放置しない定期健診などで高血圧やその予備軍と診断されたら、放置せずに…続きを読む

若年性脳梗塞は血栓を防ぐのがポイント!

血栓を防ぐ生活を 若年性脳梗塞の原因となる抗リン脂質抗体症候群、奇異性脳塞栓症、もやもや病などには、共通した特徴がみられます。それは血流の悪化により、血栓の元となる血液の固まりができやすいという点です。 そのため予防には…続きを読む

若年性脳梗塞の原因は?

若年性脳梗塞の主な原因 若年性脳梗塞にはまだ不明の部分も多いのですが、因果関係が比較的はっきりしているのが、抗リン脂質抗体症候群、奇異性脳塞栓症、もやもや病などです。 <抗リン脂質抗体症候群> 血液中に抗リン脂質抗体と呼…続きを読む

要注意!若年性脳梗塞

若年性脳梗塞とは  最近、30歳代、40歳代の女性アナウンサーやタレントが脳梗塞を起こすケースが相次いで報告され、「若年性脳梗塞」が注目されています。若年性脳梗塞は、その名称からわかるように、45歳以下の若い世代に起こる…続きを読む

少しずつ分かってきたくも膜下出血の前兆

くも膜下出血の前兆とはどのようなものなのか。 くも膜下出血は、脳を包むくも膜の内側の血管で起こる出血です。 多くの場合、血管に動脈瘤(どうみゃくりゅう=コブ)ができ、そこに圧力が加わって破裂することで起こります。動脈瘤が…続きを読む

若い女性だけじゃない貧血!

中高年も貧血に注意を  一般に貧血は、若い女性によくみられる症状です。そのため中高年の、特に男性の場合には、「自分は貧血とは無縁」と思い込んでいる人が多いのではないでしょうか。 例えば、なんとなくだるい、疲れやすいといっ…続きを読む