よく検索されるキーワード :

糖尿病から見る脳梗塞の予防

脳梗塞の予防のためにできることとは。 脳梗塞の予防のためには、食事や運動のような長期的な対策に加え、もう少し直接的な対策を知っておくことも大切です。 脳梗塞は一般に、深夜から翌朝の午前中(とくに早朝から午前中)に起こりや…続きを読む

予備軍も必見!糖尿病の治療

糖尿病の予備軍にも役立つ治療の知識 糖尿病とその予備軍の方は、成人の約27%にのぼります。とくに男性では33%を占め、3人に1人という高率です。 その一方で、健康診断などで「血糖値が高く、治療が必要」といわれながら、治療…続きを読む

糖尿病と脳梗塞

糖尿病と脳梗塞のリスクには、大きな関係が。  寒い季節は、脳卒中などの血管系の病気が多くなる時期です。血管に負担がかかりやすい高血圧の方はもちろん注意が必要ですが、じつは糖尿病の方もリスクが高いことをご存じでしょうか。欧…続きを読む

糖尿病予防は筋トレで効果あり!

筋トレで糖尿病の予防 糖尿病患者が多いアメリカでは、筋肉と糖尿病との関係をめぐるいくつかの調査が実施されています。 たとえばカリフォルニア大学ロサンゼルス校の調査報告では、体重に対する筋肉量の比率が10%増加するごとに、…続きを読む

高血圧と脳梗塞

高血圧と隠れ脳梗塞 隠れ脳梗塞の大半を占めるラクナ梗塞は、なぜできるのでしょうか。その原因として、もっとも重視されているのが高血圧です。 一般に、血圧(とくに収縮期血圧)が高いほど、脳卒中(脳梗塞や脳出血など)による死亡…続きを読む

糖尿病予防のためにカルシウムを!

糖尿病予防のために有効なものがあります!  糖尿病の患者さんの中には、カルシウムが糖尿病(2型)の改善に大切なことを知っている方もおられることでしょう。でも、血糖値が少し高めといわれている予備軍の方など、一般の方にはまだ…続きを読む

若い女性だけじゃない貧血!

中高年も貧血に注意を  一般に貧血は、若い女性によくみられる症状です。そのため中高年の、特に男性の場合には、「自分は貧血とは無縁」と思い込んでいる人が多いのではないでしょうか。 例えば、なんとなくだるい、疲れやすいといっ…続きを読む

閉塞性動脈硬化症の予防は日頃の運動

動脈硬化は血管の老化ともいわれ、誰にでも起こります。ただ。老化の速度は、人によってかなり違います。 日ごろから生活に気をつけ、動脈硬化になりにくくすることが、閉塞性動脈硬化症の予防につながります。 特に、この病気は脚に症…続きを読む

低血圧に基準なし。自分のタイプを知っておく必要あり!

 やる気はあるのにからだがだるい、疲れてすぐ横になりたくなる…ほかに病気がないのに、そんな症状が続く場合は、低血圧のせいかもしれません。 低血圧の症状にはそのほか、めまい、頭痛、肩こり、耳鳴り、不眠、胃もたれ、吐き気、発…続きを読む

不整脈はなぜ起こる

不整脈はなぜ起こる気にしすぎるのはストレスか?  夏から秋にかけては疲れやストレスがたまり、体調をくずしやすい季節です。 そんなときに注意したいのが、不整脈です。 不整脈がみつかると、ほとんどの人は「心臓の病気」を心配し…続きを読む