よく検索されるキーワード :

肩こりはパソコン作業に要注意

肩がこりやすい方、パソコン作業に要注意必要! 4大原因のうち「同じ姿勢」と「眼精疲労」は、主としてデスクワークや読書、細かい手仕事などによって起こります。とくに最近は、パソコンによる肩こりが増えています。 <原因と予防策…続きを読む

糖尿病予防のためにカルシウムを!

糖尿病予防のために有効なものがあります!  糖尿病の患者さんの中には、カルシウムが糖尿病(2型)の改善に大切なことを知っている方もおられることでしょう。でも、血糖値が少し高めといわれている予備軍の方など、一般の方にはまだ…続きを読む

パーキンソン病で注意が必要な点

パーキンソン病において、こんなケースは注意が必要です! 典型的な症状が起こる以前から、前兆ともいえる症状がみられることもあります。 たとえば、以前はスタスタ歩いていた人が、歩くのが遅くなったり、歩幅が狭くなったりするケー…続きを読む

首の痛みはリラックスから

運動で首などをリラックスさせる パソコンの普及もあって、首の痛みを訴える人が増えています。その最大の原因は、よくない姿勢を長時間続けることです。 パソコン作業をしている人の多くが、背中を丸め、顔を少し前につき出すような姿…続きを読む

指先を動かすことの効果

指先と脳の密接な関係。 「指先を動かすとボケ予防になる」という話を聞いたことはありませんか。私たちは毎日の生活のなかで、指先を使って細かい作業をしています。パソコンや携帯電話の小さなキーを押すのも、洋服のボタンをとめるの…続きを読む

五十肩は日々の予防から

予防可能な四十肩・五十肩 辛い辛い四十肩・五十肩は予防できる。 20代からの早めの予防スタートもおすすめ。もちろん、姿勢の変化のみが発症に関わっているわけではない場合も多いですが、肩関節付近の炎症や違和感が起こる前には、…続きを読む

五十肩で老化が加速?

四十肩・五十肩で老化現象が早まる? 肩の痛みでよく聞く四十肩・五十肩。 着替えで腕をねじるような動作や、電車のつり革につかまる位置に手を伸ばそうとした時などに多く起こります。一報で、腕を体の横に下げた状態などの、肩の関節…続きを読む

肩こりからの頭痛

肩こりからの頭痛はしつこい!? 肩こりからの頭痛は、命に関わる重篤なものではありません。 しかし、肩こりも起こしつつ頭が痛むという症状は、吐気が少なく激痛ではないとはいえ大変不快です。特徴は、慢性的な頭痛で、圧迫感のある…続きを読む

こわばりを取る!まず温めて

冷えは大敵、温めて症状を緩和するのが一番! 一般に、温めることには (1)関節周囲の組織の緊張が解けこわばりがとれる、 (2)関節がゆるみ動きやすくなる、 (3)血管が広がって血行が促進される、 (4)痛みやこわばりがと…続きを読む

五十肩は少し古い

四十肩なの五十肩なのどっちなんですか?! 肩関節周囲炎は、「五十肩」という呼び方が広く知られていますが、実際には40歳代から60歳代まで幅広い層でみられます。 最近では、「四十肩」という呼び方をされることもありますが、五…続きを読む