よく検索されるキーワード :

筋肉痛は乳酸?

筋肉痛と乳酸は関係あるのでしょうか? 筋肉痛は誰もが経験した事があるものです。運動では筋肉が伸びながら力をだすような場合、筋肉痛が起こりやすい事が判っています。例えば階段を登る時より下りる時により筋肉痛を感じるのは経験が…続きを読む

こわばりを取る!まず温めて

冷えは大敵、温めて症状を緩和するのが一番! 一般に、温めることには (1)関節周囲の組織の緊張が解けこわばりがとれる、 (2)関節がゆるみ動きやすくなる、 (3)血管が広がって血行が促進される、 (4)痛みやこわばりがと…続きを読む

膝にかかる負担…

膝にかかる負担は体重の10倍!? 膝は常にあなたの体重を支えています。 平地を歩いているときは体重の約3倍、階段の上り下りでは約7倍、走っているときは約10倍の荷重がかかるという説もあります。 そのため、肥満の人はさらに…続きを読む

冷え症とは

日常生活から考えられる原因はなんなのか? ・栄養が偏った食生活によるエネルギー不足 栄養バランスが偏った食事を続けていると、体の基礎となるたんぱく質や脂質、炭水化物と、それらの栄養を熱に変えるビタミン、ミネラルが不足し、…続きを読む

中枢神経原発悪性リンパ腫

どんな病気か 頭のなかだけにできた悪性リンパ腫です。まれな 腫瘍と思われていましたが、最近その発生が増えています。 後天性免疫不全症候群の患者さんでは、一般の人に比べ1600倍の発生があります。男性にやや多く、50~60…続きを読む

強直性脊椎炎

どんな病気か 脊椎の 靭帯・腱が骨に付着する部分や 椎間板が 椎体ついたいに付着する部分、椎間関節の炎症により、脊柱の椎体間に 癒合ゆごうが生じて脊柱の運動制限を来す病気です。 欧米人に比べて日本人には少なく、男性に多く…続きを読む

変形性膝関節症

どんな病気か 長年の使用や繰り返される負担、けがなどによって、関節の軟骨がすり減ったり、骨の変形が生じたりする病気です。 原因は何か 原因がはっきりしない加齢に伴う一次性の変形性膝関節症と、何らかの原因で生じる二次性の変…続きを読む

パーキンソン病

どのような病気か 50歳以降に発症することが多く、いくつかの特徴的な症状がみられます。 手足が震える、筋肉がこわばる、動作が遅くなる、歩きづらくなるなどで、徐々に症状が進行し、10数年後には寝たきりになる患者さんもいます…続きを読む

繊維筋痛症

 どのような病気か 線維筋痛症は新たに現れた病気でなく、以前には別な病名で呼ばれていたものを、この病名に統一したものです。 この病気の主な症状は、体の広範な部位に起こる激しい慢性の 疼痛と「こわばり」ですが、その他に激し…続きを読む

多発性筋炎、皮膚筋炎

どのような病気か 多発性筋炎(PM)は、筋肉の障害(炎症や変性)により、筋肉に力が入らなくなったり、筋肉の痛みを感じたりする病気です。 また、特徴的な皮疹(ゴットロン徴候やヘリオトロープ疹など)がみられる場合には、皮膚筋…続きを読む