よく検索されるキーワード :

糖尿病予防のためにカルシウムを!

糖尿病予防のために有効なものがあります!  糖尿病の患者さんの中には、カルシウムが糖尿病(2型)の改善に大切なことを知っている方もおられることでしょう。でも、血糖値が少し高めといわれている予備軍の方など、一般の方にはまだ…続きを読む

パーキンソン病で注意が必要な点

パーキンソン病において、こんなケースは注意が必要です! 典型的な症状が起こる以前から、前兆ともいえる症状がみられることもあります。 たとえば、以前はスタスタ歩いていた人が、歩くのが遅くなったり、歩幅が狭くなったりするケー…続きを読む

閉塞性動脈硬化症の予防は日頃の運動

動脈硬化は血管の老化ともいわれ、誰にでも起こります。ただ。老化の速度は、人によってかなり違います。 日ごろから生活に気をつけ、動脈硬化になりにくくすることが、閉塞性動脈硬化症の予防につながります。 特に、この病気は脚に症…続きを読む

足が痛い。。原因は血管かもしれませんよ

脚の病気? いえ、血管の病気です  普段と同じように歩いていたら、ももやふくらはぎが痛くなって歩けなくなった。しばらく休むと歩けるが、また痛くなった。 そんな症状がみられたら、閉塞性(へいそくせい)動脈硬化症の疑いがあり…続きを読む

股関節痛のワンポイントケア

股関節の痛み。ワンポイント・ケア! 股関節痛の改善には、生活上の注意も大切です。 洋式の生活(ベッド、洋式トイレ、いす)に切り替える……洋式生活のほうが、股関節への負担が少なく、痛みの軽減に役立ちます。 温める……お風呂…続きを読む

最近増えている股関節症について

増えている変形性股関節症 股関節の障害を放置していると、クッションともいえる軟骨部分がすり減って炎症を起こし、痛みを感じるようになります。それが最近増えている変形性股関節症です。 原因の多くは、先天性のものです。もともと…続きを読む

関節リウマチに注意

こんな症状には注意したい 関節リウマチの患者は、女性が7~8割を占めています。理由については、女性ホルモンが関係していると考えられていますが、まだはっきりとは解明されていません。また年齢面でも、比較的若いころから発症する…続きを読む

変形性膝関節症の予防!

 変形性関節症を予防しよう 変形性関節症の予防のポイントは、次の2つです。 1.関節に負担をかけない生活をする  2.運動で関節を柔軟にし、さらに周辺の筋肉を強化する 関節に負担をかけない生活とは 肥満気味の人は体重を減…続きを読む

関節痛になりやすい?

こんな人が変形性関節症になりやすい 変形性関節症は、老化が主な要因だけに、加齢とともにだれにでも起こりえます。ただし、次のような人にはとくに起こりやすいので、注意しましょう。 肥満気味の人 肥満になるとひざにかかる負担も…続きを読む

痛いこむら返りどれぐらいの人が経験?

一瞬にして眠りを破るこむら返り 気持ちよく眠っていたのに、急にふくらはぎの筋肉(=こむら)がつって、目を覚ましてしまうことはありませんか? 睡眠医学では「睡眠関連下肢こむら返り」と呼ばれるこの現象は、多くの人が経験してい…続きを読む