よく検索されるキーワード :

突然やってくるふくらはぎの痛み!こむら?こぶら?

ふくらはぎに起こるこむら返りは、日常的に起こりうる障害であるといえます。 運動中だけでなく寝ている時にも起こるため、多くの人が悩まされることになるという一風変わった性質を持つこむら返りはどのようにして起こるのでしょうか。…続きを読む

スポーツの秋!筋肉痛をおそれず、こわがらず、あなどらず

運動後のストレッチは欠かせない しばらく体を動かしていなかった人が運動を始めると、ほとんどの人が筋肉痛を経験します。筋肉痛は筋肉を動かすことで筋繊維に細かなキズ(微細損傷)が起こり、それを回復させるために様々な化学物質が…続きを読む

高齢者の熱中症には注意が必要!

夏の暑い日が続いておりますが、全国各地で熱中症によるニュースが多く報道されておりますが、何故、運動量の少なく汗をかく量の少ないはずの高齢者の報道が多く有るのでしょうか? 人間の体に占める水分の割合は60%もあります。 し…続きを読む

変形性膝関節症を起こす「半月板損傷」

日本人の患者の多くは、原因がはっきりしない一次性の変形性膝関節症ですが、膝の既往歴やリウマチなどの病気がある場合は、原因がはっきりした二次性が疑われます。 中でも、半月板損傷(はんげつばんそんしょう)は、気をつけたい病気…続きを読む

「冷え性」の怖さ

冷え性の人には辛い冬がやってきました。女性に多い冷え性ですが、最近では男性にも増えているそう。しかも、本人に自覚のない「隠れ冷え性」というものも増えています。そもそも冷え性とはいったい何でしょう? 冷え性とは? 簡単にい…続きを読む

筋肉痛の予防法

1.普段から運動習慣をつける 日頃から筋肉を鍛えておくと、筋肉痛になりにくくなります。 ジョギングやウォーキングなどを普段から続けておきましょう。 忙しくてあまり運動できないときは、家でテレビを見ながらのラジオ体操や足踏…続きを読む

関節痛の予防法

1.適度な運動を毎日行う 自宅でもできる簡単な運動を毎日行い、関節の劣化を防ぎましょう。 左右の腿を交互に、できるだけ水平に高く上げる腿上げや、椅子に座って片足を前にピンと伸ばし、10秒間静止する運動、ウォーキングなどが…続きを読む

柔軟性があることのメリット

柔軟性を高めるための最も手軽な方法がストレッチです。 ストレッチは1人でも簡単に行うことができ、時間や場所をとりません。 柔軟性を高めることで、身体にはさまざまな変化がみられるようになります。 基礎代謝が上がり、血行が良…続きを読む

柔軟性をセルフチェック

自分の柔軟性をチェックしてみましょう。日常的に運動をする習慣のない人は、筋肉の張りやコリなどで身体が硬くなっているかもしれません。自分の身体の状態を知り、柔軟性を高めるためにもまずは現状を把握することから始めましょう。 …続きを読む

ストレッチのコツ

柔軟性を高めるためには、日頃からストレッチなどで筋肉や腱を伸ばしていくことが大切です。 効果的に柔軟性を高めるために、ぜひ覚えてもらいたいのが ストレッチを効果的にする5つのコツです。 ストレッチは様々な場所で数多く紹介…続きを読む