よく検索されるキーワード :

寄稿コラム第31回 長時間座ってもしんどくない!? 楽に座るコツとは

生野 達也 先生

はじめまして。動きのコツセラピストの生野達也です。 今回から、定期的にコラムを担当させていただくことになりました。 主な内容としましては、日々の生活の中に活かしていただける内容として、脳科学に基づいた“動きのコツ”のリハ…続きを読む

朝、腰が痛い。しっかり寝ているはずなのに痛くなる?

朝、起きると腰が痛い。朝から憂鬱な思いの繰り返し、腰痛予防のストレッチや運動も意識して行っているのに、朝起きると腰が痛い。 そんな方はマットレスをチェックしてみましょう。 寝る時に、頭の位置が不安定で、起床時に首スジがこ…続きを読む

腰の手術をしたのに、痛みが変わらない。何故?

手術で腰の痛みから開放されるはずだった。 “腰痛”と聞くと、一般的には「ぎっくり腰」や「椎間板ヘルニア」などが連想されることが多く、腰の使いすぎによって筋肉や骨が傷んで起こるものだと単純に考えられ…続きを読む

1日の仕事終わりに眼の疲労を解消!

デスクワーク中心の仕事や、受験勉強・テスト勉強をするときに 長時間になるに連れてやってくる【目の疲れ】 【目の疲れ】を感じた時に自然と目頭を抑えてしまうことありませんか? この行為は、目の疲れを取るに効果があるようです。…続きを読む

寄稿コラム 第18回『つらい冷え性を吹きとばせ!』

目川 翼 先生

夏の暑い日が過ぎ、日中も快適に過ごせるようになってきましたが、この夏の暑さも中々の暑さだったのでは無いでしょうか? オフィスや教室では、空調の管理のもと快適な環境で仕事や学業に励まれていた方も多いと思います。 しかし…。…続きを読む

「冷え性」の怖さ

冷え性の人には辛い冬がやってきました。女性に多い冷え性ですが、最近では男性にも増えているそう。しかも、本人に自覚のない「隠れ冷え性」というものも増えています。そもそも冷え性とはいったい何でしょう? 冷え性とは? 簡単にい…続きを読む

間欠跛行とは

歩行は可能なのですが、ある距離、例えば100mほどの歩行で、両下肢にシビレと下肢痛が出現し、歩行できなくなります。 腰を下ろして、つまり腰を前屈位でしばらく休憩するとまた歩行が可能になります。 それを繰り返す歩行症状を間…続きを読む

腰痛予防のためのチェックポイント

腰痛予防・腰痛軽減は、日常生活において正しい姿勢・動作を行い、 いかに腰に負担をかけないようにするかがポイントとなります。 そこで日常生活において正しい姿勢や動作のポイントを紹介します。 鏡や他の人から姿勢をチェックして…続きを読む

姿勢によって起こる腰への負担の変化

腰痛は腰椎と呼ばれる腰の骨への負担を軽減させることが大事です。 その為には生活指導が特に重要となります。 腰椎の負担は、寝ころんでいる時が最も低く,背中を丸めて椅子に腰かけている時が最も高いと言われています。 比率として…続きを読む

腰痛の予防法

1.姿勢に気をつける 例えば同じ姿勢で長く立ち仕事する調理台やアイロン台などは、 前屈みにならないよう補助台を置くなどして自分に合った高さに調節する工夫をしましょう。また、いすには深く座り、背骨を伸ばし、膝、足首が90度…続きを読む