よく検索されるキーワード :

インフルエンザの合併症に要注意!

インフルエンザは合併症にも注意を 重症例のインフルエンザには、合併症がとても注意が必要です。 とくに気を付けたいのは肺炎で、インフルエンザによる死亡の最大の原因となっています。 高熱がなかなか引かず、呼吸困難やチアノーゼ…続きを読む

関節リウマチに注意

こんな症状には注意したい 関節リウマチの患者は、女性が7~8割を占めています。理由については、女性ホルモンが関係していると考えられていますが、まだはっきりとは解明されていません。また年齢面でも、比較的若いころから発症する…続きを読む

変形性膝関節症の予防!

 変形性関節症を予防しよう 変形性関節症の予防のポイントは、次の2つです。 1.関節に負担をかけない生活をする  2.運動で関節を柔軟にし、さらに周辺の筋肉を強化する 関節に負担をかけない生活とは 肥満気味の人は体重を減…続きを読む

関節痛になりやすい?

こんな人が変形性関節症になりやすい 変形性関節症は、老化が主な要因だけに、加齢とともにだれにでも起こりえます。ただし、次のような人にはとくに起こりやすいので、注意しましょう。 肥満気味の人 肥満になるとひざにかかる負担も…続きを読む

筋肉痛は乳酸?

筋肉痛と乳酸は関係あるのでしょうか? 筋肉痛は誰もが経験した事があるものです。運動では筋肉が伸びながら力をだすような場合、筋肉痛が起こりやすい事が判っています。例えば階段を登る時より下りる時により筋肉痛を感じるのは経験が…続きを読む

膝にかかる負担…

膝にかかる負担は体重の10倍!? 膝は常にあなたの体重を支えています。 平地を歩いているときは体重の約3倍、階段の上り下りでは約7倍、走っているときは約10倍の荷重がかかるという説もあります。 そのため、肥満の人はさらに…続きを読む

筋肉痛

筋肉痛における日常生活から考えられる原因 ・運動による筋肉の損傷 普段動かしていない筋肉を急に使ったり、長時間にわたって運動したりすると、筋肉を構成する筋線維やその周りの組織がダメージを受け炎症を起こします。普段運動して…続きを読む

多発性筋炎、皮膚筋炎

どのような病気か 多発性筋炎(PM)は、筋肉の障害(炎症や変性)により、筋肉に力が入らなくなったり、筋肉の痛みを感じたりする病気です。 また、特徴的な皮疹(ゴットロン徴候やヘリオトロープ疹など)がみられる場合には、皮膚筋…続きを読む

筋強直性ジストロフィー症

筋萎縮、筋力低下が四肢遠位と顔面に特徴的な分布を示し、 筋強直と特有の多系統臓器障害(後述)を示す常染色体優生遺伝の筋肉の病気です。 強直とは筋肉の収縮が過度に持続し、円滑にしない状態をいいます。 原因 遺伝子の病気です…続きを読む

筋緊張症(先天性筋強直症)

筋強直を来す遺伝性の病気です。筋萎縮は伴いません。 筋強直とは筋肉の収縮が過度に持続し、円滑に弛緩しない状態をいいます。 原因 骨格筋クロルチャネル遺伝子(CLCN1)の異常による遺伝子の病気です。 常染色体優生遺伝の場…続きを読む