よく検索されるキーワード :

健康のために水を飲む

人間の体の水分は、成人で60%、新生児で80%もありますが、老人になると50%以下になることもあります。 体が老化するということは、水分が減っていくことでもあります。 細胞内の水にはカリウムイオンという微量成分が含まれて…続きを読む

入浴前後の水分補給

お風呂は体を温めることで汗をかき、体の老廃物を排出するのに大切です。 入浴時の発汗は、湯船で温まる時間が長いほど増加 入浴による脱水で血液が濃縮され血管が詰まる危険性が高くなるので、 入浴の30分前位にコップ一杯以上の水…続きを読む

コップ一杯の水の効果

人は寝ている間に大量の汗をかいている 睡眠中に失う約180cc~200ccの水分には、 寝る前の水分補給が大切です。 起床時には、汗で水分が失われているので、起きた時の水分補給も大切です。 朝の水分補給は、体を潤すだけで…続きを読む

息切れの予防法

1.塩分を控えるなど、食生活に気を配る 日々の食生活を見直すことで、心臓への負担を減らすことができます。第一に血圧上昇の大きな原因となる塩分を控えること。減塩しょうゆを使ったり、塩分の代わりに酢や香辛料で味付けするなどの…続きを読む

疲労を取り除くキーワードは「血流」

運動を行うと使われた筋肉には負荷がかかり、疲労物質が たまったり、筋線維に細かなキズがついたりといったことが起こります。 かなり激しい運動を行ったときはそれが筋肉痛として現れるようになります。 疲労物質や筋肉痛を引き起こ…続きを読む

アクティブレストがおススメ!

アクティブレストって知っていますか? これは積極的休養といって、適度な運動を行うことによって使った筋肉から疲労を取り去る休養方法のことを指します。スポーツ選手が休日にいつもの練習ではなくウォーキングやジョギング、水泳等の…続きを読む

身体が温まっている時に筋肉を伸ばす

クールダウンではおなじみのストレッチですが、運動後の身体が温まっている時に行うようにしましょう。 身体が冷えてしまうと筋肉の柔軟性が低下し、そのまま伸ばすことで逆に筋線維を痛めることにもなりかねません。寒い時期に屋外で行…続きを読む

運動後の食事のアドバイス

運動した後は心地よい空腹感とともに食欲が旺盛になりますが、このときに食べるものにも気を使うと、 さらに身体のコンディションが良くなり、疲労回復や筋肉痛の軽減をサポートします。 【たんぱく質】 筋肉の元となる栄養素がたんぱ…続きを読む

寒い日の運動には帽子で保温を!

手袋や厚手の靴下などは、気軽に準備できる手足の冷え対策といえますが、身体の中で一番熱を奪われやすい部位は頭部です。 およそ身体の20%もの熱が頭部から放散されるとも言われており、安定した血流を保って体温調整を行っています…続きを読む

柔軟性があることのメリット

柔軟性を高めるための最も手軽な方法がストレッチです。 ストレッチは1人でも簡単に行うことができ、時間や場所をとりません。 柔軟性を高めることで、身体にはさまざまな変化がみられるようになります。 基礎代謝が上がり、血行が良…続きを読む