よく検索されるキーワード :

転倒はなぜ起こるのか?

転倒は様々な要因が複合して発生するとされています。 ①身体的要因 加齢や運動不足などによる身体機能の低下 身体的・精神的疾患の合併 薬剤の服用など ②生活環境要因 屋外の道路・建物構造 屋内の障害物 段差 履物など 転倒…続きを読む

転倒予防の重要性

なぜ転倒を予防しなければいけないのでしょうか? 高齢者は転倒して骨折しやすいく、転倒・骨折が寝たきりの原因の1つになっている どのような人が転倒しやすいのでしょうか? 65歳以上の高齢者の方 疾患の既往がある方(視力低下…続きを読む

肩こりと姿勢

あなたの日常生活の姿勢、動作をチェックしてみましょう。 寝転がって本を読む 前かがみでパソコン作業をする 長時間デスクワークを行う 長時間バイクや車を運転する 寝転がって頭を手で支えながらテレビを見る 単純反復作業で、特…続きを読む

姿勢によって起こる腰への負担の変化

腰痛は腰椎と呼ばれる腰の骨への負担を軽減させることが大事です。 その為には生活指導が特に重要となります。 腰椎の負担は、寝ころんでいる時が最も低く,背中を丸めて椅子に腰かけている時が最も高いと言われています。 比率として…続きを読む

ストレッチ:大腿後面・股関節内転筋群

開脚した状態で床に座ります。 伸張を加えたい方の足の方へ、身体を倒すます。 足先は天井へ向けていると、大腿後面が。 足先を内側へ倒すと、股関節内転筋群が伸張されます。 注意点 痛みが出現した場合は中止してください。 また…続きを読む

ストレッチ:大腿後面(もも裏②)

床に両方の足を伸ばしながら、前方へ身体を倒すます。 両方のもも裏に伸張感を感じながらゆっくり伸ばしましょう。 膝が曲がらないように注意。 身体が倒れにくい方は、片方づつしましょう。 注意点 痛みが出現した場合は中止してく…続きを読む

ストレッチ:大腿後面(もも裏)

床に足を伸ばして座り、伸ばしたい足を広げます。 もう片方の足は、胡座をかいている状態でOK。 前方へ息を吐きながら、身体を倒します。 できるだけ、股関節から曲げていくように注意すると効果は高いです。 もも裏の伸張感を感じ…続きを読む

体温を上げる

日本人の平均体温は36.8℃~37.0℃が理想 最近は日本人の体温が低下してきているという説があり、平熱が35℃台の人も増えているようです。 体温は、1℃下がると免疫力が30%低下するといわれ、また35℃台の体温はガン細…続きを読む

首と名のつくところを冷やさない

首・手首・足首…。 人間の体の中には、首(くび)と名のつくところが幾つか在ります。 首、手首、足首、腰(くびれ)、これらはすべて体を健康に保つために重要な部位で、冷やさないようにすることが大切です。 これらの…続きを読む

体温を上げるには歩くことが最も効果的!

足の温度は、体温と比べ低く30℃~32℃ぐらいが理想的 冷え症の人の足は26℃前後しかない人も多いそうです。 歩くことで足の温度を簡単に上げることができます。 ひざの悪い人はつま先立ちを繰り返し土踏まずと 足首を動かしま…続きを読む