よく検索されるキーワード :

長寿の秘訣は血管を若くたもつこと

血管を傷める最大の原因は高血圧と高脂血症 「人間は血管から老いる」といわれます。血管がもろく破れやすくなったり、詰まって血液の流れが不十分になるために、体や脳の老化は進むし、心臓発作や脳卒中などの病気を引き起こすのです。…続きを読む

日本人に動脈硬化が増えている

日本人10人のうち3人は動脈硬化が原因で亡くなっている 日本人の死因の1位はガン、2位心臓病、3位脳卒中です。このうち、心臓病と脳卒中は動脈硬化が原因になりますが、この2つを合計すると30%を占め、日本人10人のうち3人…続きを読む

悪玉コレステロールを減らし動脈硬化を防ぐために

コレステロールの高い人が食物繊維をたくさんとるといい 肝臓に回収されたコレステロールからは胆汁が作られ、十二指腸に分泌されます。胆汁が消化液としての仕事を終わると、そこに含まれるコレステロールは、また小腸から吸収されて再…続きを読む

アルコールと脳血管疾患との関係

アルコールとの関係では、もうひとつ興味深い報告がみられます。それは脳梗塞と脳出血の違いです。 厚生労働省の研究班の調査によれば、日本酒を毎日平均1合未満(ビールなら大瓶1本未満)飲む人は、たまに飲む人(月に1~3回程度)…続きを読む

変形性膝関節症を起こす「半月板損傷」

日本人の患者の多くは、原因がはっきりしない一次性の変形性膝関節症ですが、膝の既往歴やリウマチなどの病気がある場合は、原因がはっきりした二次性が疑われます。 中でも、半月板損傷(はんげつばんそんしょう)は、気をつけたい病気…続きを読む

今年もやって来ました花粉の季節です。

いよいよ花粉症のシーズン。例年、九州では2月下旬、中国・四国・近畿・東海・北陸・関東南部では3月上旬、関東北部では3月中旬、東北地方では3月下旬頃にピークを迎えるといわれています。日本人の4人に1人が花粉症といわれ、マス…続きを読む

男性の貧血は要注意!

貧血というと “女性の20%が貧血患者”といわれるほど女性に多く、そのほとんどは体内の鉄分不足が原因の鉄欠乏性貧血です。一方、男性でも貧血になる人は多くいます。男性の場合、鉄欠乏性貧血患者は少なく、より重い病気のサインと…続きを読む

あなたも、ひょっとしたら「むずむず脚症候群」かも…?

『むずむず脚症候群』という病気をご存じでしょうか? 高齢者には、脚の皮膚がかゆい『皮膚掻痒(そうよう)症』という皮膚科疾患がありますが、それは脚の表面の皮膚のかゆみですから、脚をかいたりすると症状は治まります。 ところが…続きを読む

春は自律神経が乱れやすい

【1】体のスイッチ「自律神経」 自律神経は、私たちの体の中にある神経のひとつで、内臓や血管、分泌腺などをコントロールし、心臓の働き、血圧や体温の調節、食べ物の消化など、私たちが生きていく上で欠かせない体の働きを維持してい…続きを読む

増えている「脳梗塞」、減っている「脳出血」

脳卒中とは? 脳の血管がつまってそこから先に血液が流れなくなるのが「脳梗塞」、脳の血管が破れて脳の中に出血するのが「脳出血」です。これらを合わせて「脳卒中」と言います。脳卒中は日本人の3大死因の1つで、7-8人に1人はこ…続きを読む