よく検索されるキーワード :

柔軟性をセルフチェック

自分の柔軟性をチェックしてみましょう。日常的に運動をする習慣のない人は、筋肉の張りやコリなどで身体が硬くなっているかもしれません。自分の身体の状態を知り、柔軟性を高めるためにもまずは現状を把握することから始めましょう。 …続きを読む

ストレッチのコツ

柔軟性を高めるためには、日頃からストレッチなどで筋肉や腱を伸ばしていくことが大切です。 効果的に柔軟性を高めるために、ぜひ覚えてもらいたいのが ストレッチを効果的にする5つのコツです。 ストレッチは様々な場所で数多く紹介…続きを読む

タオルを使ったストレッチ

タオルストレッチのいいところは、何と言ってもタオルがあればすぐにできること。 普段あまり運動していない人にとっては、使っていない筋肉を伸ばすことで血行が良くなり、足のむくみや疲労回復に効果が期待できます。ウォーキングやラ…続きを読む

冷え性の予防法

1.入浴で血行を良くする 38~40℃のぬるめのお湯に、20分程度つかりましょう。 入浴後は簡単なストレッチをすると、さらに効果的です。湯船につかれないときは、シャワーだけですませず足湯で下半身をしっかり温めましょう。お…続きを読む

むくみの予防法

1.体を動かしたり、お風呂につかる 長時間の立ち仕事や座り仕事をする人は、ときどき姿勢を変えたりストレッチなどをして筋肉の緊張をゆるめることが大切です。帰宅したらお風呂にゆっくりつかり、足をマッサージしましょう。血行が良…続きを読む

貧血の予防法

10代はたんぱく質、鉄分、ビタミンCを積極的にとる 10代前半は、成長期のために全身で鉄が必要になります。とくに女子は生理も始まり、鉄が不足しがちです。朝昼晩、1日3食をきちんと食べ、鉄分を豊富に含むレバー、ひじきや煮干…続きを読む

貧血に効果!鉄分を効率良くとるには

ほうれん草や小松菜、豆類などの野菜に含まれる鉄分は非ヘム鉄といい、体への吸収率は1~6%と非常に少ないのです。一方肉類に含まれているヘム鉄の吸収率は10~20%と、大きな差があります。 そのため、鉄分を効率良く摂取するに…続きを読む

骨折の予防法

適度な運動を行う お年寄りは、適度な運動を行って筋力や柔軟性を高めることで転倒による骨折や骨粗しょう症を予防できるといわれています。ウォーキングやラジオ体操、柔軟運動などの簡単なものでかまいませんので、運動の習慣をつける…続きを読む

インフルエンザの予防法

ワクチンを接種する インフルエンザワクチンを接種することで、インフルエンザに感染しても軽い症状ですみ、肺炎などの合併症や死亡に至る危険を減らすことができます。ワクチンは効果が出るまでに、接種してから約2週間かかりますので…続きを読む

脳震盪の危険性と予防策

スポーツ中の脳振盪の危険性と予防対策 体を動かして汗をかくのは気持ちがいいもの。初夏から秋は、スポーツに親しむ人たちがぐっと増えますが、競技大会や合宿などが多い季節は、スポーツによる頭部外傷が増える時期でもあります。スポ…続きを読む