よく検索されるキーワード :

頚椎症性脊髄症のポイント

男性に多い頚椎症性脊髄症の手術のタイミング  頚椎症性脊髄症(けいついしょうせいせきずいしょう)の手術が増えています。頚椎症の治療を得意とする施設の整形外科では、年間の手術数は1995年に10例程度だったのが、10年たっ…続きを読む

高齢者の肺炎は注意必要!

注意したい高齢者の肺炎 肺炎による死亡者の96.5%を、65歳以上の高齢者が占めています。 その理由として、高齢になるほど体力も免疫力も少しずつ低下するため、細菌やウイルスによる感染症にかかりやすいこと。また、さまざまな…続きを読む

睡眠とアルツハイマーの関係

睡眠障害とアルツハイマー病に深い関係あり。 運動と並んで、アルツハイマー病の予防に効果があると考えられているのが、睡眠です。 私たちは睡眠中、脳も休んでいると思いがちです。たしかに日中と比較すると脳の活動量は低下しますが…続きを読む

高血圧からくる頭痛は注意が必要

予防のためにできること 高血圧性脳症や脳出血を予防するためには、以下が大切です。 (1)高血圧を放置しないこと (2)急激な血圧上昇を防ぐこと 高血圧を放置しない定期健診などで高血圧やその予備軍と診断されたら、放置せずに…続きを読む

高血圧と頭痛の関係

高血圧性脳症に気を付けよう 私たちの脳の血流は、さまざまな調節機能によってコントロールされています。その代表的なものは、血液中の二酸化炭素を介した化学的調節機能と、脳の血管周辺にある自律神経系の作用による調節機能です。 …続きを読む

糖尿病から見る脳梗塞の予防

脳梗塞の予防のためにできることとは。 脳梗塞の予防のためには、食事や運動のような長期的な対策に加え、もう少し直接的な対策を知っておくことも大切です。 脳梗塞は一般に、深夜から翌朝の午前中(とくに早朝から午前中)に起こりや…続きを読む

糖尿病と脳梗塞

糖尿病と脳梗塞のリスクには、大きな関係が。  寒い季節は、脳卒中などの血管系の病気が多くなる時期です。血管に負担がかかりやすい高血圧の方はもちろん注意が必要ですが、じつは糖尿病の方もリスクが高いことをご存じでしょうか。欧…続きを読む

足がつる原因は、こんな病気の予兆かも

病気が原因で、足がつる症状がみられることがあります。 たとえば、糖尿病や脊柱管狭窄症、閉塞性動脈硬化症、椎間板ヘルニア、腎疾患、脳梗塞などが知られています。とくに糖尿病では、足がつる症状が少なくありません。 血糖値が高い…続きを読む

足がつる原因は何があるのか

なぜ足がつるのか?その原因はいかに? なぜ、足がつるのでしょうか。そのメカニズムはまだよくわかっていませんが、病気などの直接的な原因がない場合、有力な要因の1つが「電解質異常」です。電解質とは、主にカルシウム、マグネシウ…続きを読む

中高年は足がつりやすい?

中高年は足がつりやすい  足がつったという経験は、たいていの方にあるでしょう。 特に多いのは、ふくらはぎがつるケースで、昔はふくらはぎを「こむら(腓)」といったことから、こむら返りともいわれています。 わたしたちはふだん…続きを読む