よく検索されるキーワード :

転倒後に近眼が遠視になった!? 「外傷性白内障」

転倒で、顔面、特に眼球に衝撃が加わることがあります。 打撲傷で視力には影響しません。 ところが、しばらくすると外傷を受けた側の視力が変化し、近視の人が遠視になる…といった変化がおきます。   &nb…続きを読む

転倒してから物が二重に見える「眼窩底骨折」

転倒の状況がはっきりしなくても、転倒後に物が二重に見えるようになったら、眼窩底(がんかてい)骨折の可能性大です。 目は固い頭蓋骨に守られていますが、眼窩の底の部分は強度が 強くありません。 それほど強い衝撃がなくても、転…続きを読む

転倒時の頸の振りで、手の指が動かなくなる「腕神経叢損傷」

転倒時には頭が強く振られることがあり頚部がダメージを受けることがあります。 複雑な動きが可能な手の神経は、頸から第一肋骨の間で、アヤトリの紐のように複数の神経が互いに交差して結ばれています。   転倒時の衝撃で…続きを読む

転倒時に着いた手の骨折が治らない「舟状骨骨折」

転倒した時に咄嗟に手をついて、結果として骨折してしまうことはよくあります 通常の骨折は比較的すぐに治りますが、「手根骨」という手のひらを構成する骨には、個人差があるので、 単純X線撮影では骨折の有無の判断が難しい部位とも…続きを読む

間欠跛行とは

歩行は可能なのですが、ある距離、例えば100mほどの歩行で、両下肢にシビレと下肢痛が出現し、歩行できなくなります。 腰を下ろして、つまり腰を前屈位でしばらく休憩するとまた歩行が可能になります。 それを繰り返す歩行症状を間…続きを読む

誤嚥性肺炎の予防

誤嚥とは? 嚥下(えんげ)する力、つまり食べ物や飲み物を飲み込む能力が 弱くなると、それらが食道ではなく気管に入ってしまう事です。 誤嚥性肺炎とは? 誤嚥により、食物や唾液などが気管に入ってしまい、 そこに一緒に運ばれた…続きを読む

サルコペニア肥満??

肥満についてはメタボリックシンドロームという言葉をよく耳にしますよね。 でも実は意外に知られていないモノがあるんです。 『サルコペニア肥満』というのはご存知でしょうか? サルコペニア(加齢性筋肉減弱症)とは、加齢とともに…続きを読む

腰痛予防のためのチェックポイント

腰痛予防・腰痛軽減は、日常生活において正しい姿勢・動作を行い、 いかに腰に負担をかけないようにするかがポイントとなります。 そこで日常生活において正しい姿勢や動作のポイントを紹介します。 鏡や他の人から姿勢をチェックして…続きを読む

転倒はなぜ起こるのか?

転倒は様々な要因が複合して発生するとされています。 ①身体的要因 加齢や運動不足などによる身体機能の低下 身体的・精神的疾患の合併 薬剤の服用など ②生活環境要因 屋外の道路・建物構造 屋内の障害物 段差 履物など 転倒…続きを読む

転倒予防の重要性

なぜ転倒を予防しなければいけないのでしょうか? 高齢者は転倒して骨折しやすいく、転倒・骨折が寝たきりの原因の1つになっている どのような人が転倒しやすいのでしょうか? 65歳以上の高齢者の方 疾患の既往がある方(視力低下…続きを読む