よく検索されるキーワード :

慢性閉塞性肺疾患

どんな病気か 慢性閉塞性肺疾患(以下、COPDと略)は、たばこ煙を主とする有毒物質を長期間吸入することによって生じる肺の炎症による病気です。主に肺胞系の破壊が進行して気腫型(肺気腫病変優位型)になるものと、主に気道病変が…続きを読む

気管支喘息

どんな病気か? 気管支喘息とは、気管支の炎症により肺への空気の吸入・呼出が困難になる病気です。 この症状は、発作性に起こることが多く、非常に強い呼吸困難が起こる時もあり、症状が消えてしまう時もあります。急に症状の変化があ…続きを読む

肺結核

どんな病気か 結核はあらゆる臓器に感染して障害を与える全身の疾患ですそれは、活動性肺結核の患者さんが咳をした際、しぶきとなって排出された結核菌が空気中に漂い、その空気を身近な人が吸うことで感染します。 しぶきは結核菌と水…続きを読む

腰部脊柱管狭窄症

歩行と休息を繰り返す間歇性跛行が特徴的  どんな病気か 加齢、労働、あるいは背骨の病気による影響で変形した椎間板と、背骨や椎間関節から突出した骨などにより、神経が圧迫されます。 脊柱管は脊髄の神経が通るトンネルです。加齢…続きを読む

腰椎椎間板ヘルニア

どんな病気か 腰椎は5個の椎骨からなり、上半身を支える脊柱のなかでも最も大きな荷重を受けもちます。同時に可動性も大きいため、椎間板の障害を起こしやすい部位です。 椎間板ヘルニアは椎間板・線維輪に亀裂が入って、内部の髄核が…続きを読む

腰椎すべり症

間欠性跛行や会陰部のしびれ感などが出る場合があります。 腰椎の 椎間板のついている前方部分は 椎体、後方の椎間関節のついている部分は 椎弓と呼ばれます。椎体と椎弓の間には 椎弓根があります。椎弓の部分で骨の連続性が断たれ…続きを読む

変形性頚椎症

 どんな病気か 変形性頸椎症は、主に頸椎の加齢変化を原因として頸部痛や肩こり、背部痛などの局所症状を起こす病気です。頸椎は7個の 椎骨から構成されていて、椎骨同士は椎間板と椎間関節で連結されています。 椎間板は年齢ととも…続きを読む

肩こりとは?

持続的緊張によって筋肉が硬くなり、局所に循環障害が起こる。 肩こりは同じ姿勢をとり続けるなどして頭や腕を支える僧帽筋やその周辺の筋肉(肩甲挙筋・上後鋸筋・菱形筋群・ 板状筋・脊柱起立筋)の持続的緊張によって筋肉が硬くなり…続きを読む

捻挫

患部の炎症症状が強い場合には、適度な冷却を行うのが良い 捻挫(ねんざ)は、関節に関節の許容範囲を超えた動きが与えられた為におきる損傷の一つである。 多くは患部に痛みと腫脹、熱感を伴う。一般用語として多用されるが、医学用語…続きを読む

冷え性とは

冷え性の改善策は基礎代謝を上げるのが一番です! 冷え性(ひえしょう)は、特に手や足の先などの四肢末端あるいは上腕部、大腿部などが温まらず、冷えているような感覚が常に自覚される状態のことである。 体温を高くするには、一時的…続きを読む