よく検索されるキーワード :

突き指

どのような病気か いわゆる突き指とは、野球、バレーボール、バスケットボールなどの球技でボールを受けそこなった時や転倒して指を突いた時に発生する、指の関節周辺のけがの総称です。 この病名(俗称)はあくまでも総称ですので、ひ…続きを読む

捻挫

どんな外傷か 関節が不自然な外力により生理的な可動範囲を超えるような動きを強制された時に発生する、代表的な外傷が捻挫や 脱臼です。 このうち関節を構成している相互の骨と骨の間にずれのないものを捻挫といい、多少なりともずれ…続きを読む

打撲

どのような病気か 打撲とは、転倒やものに強くぶつかるなど体外からの力による、傷口を伴わない軟部組織の損傷をいいます。 主な損傷部位は皮下組織と筋肉であるため、全身のあらゆる部位に起こります。 顔面・頭部、胸腹部、骨盤 腔…続きを読む

切創

どんな外傷か 皮膚は、表面から表皮・真皮・皮下組織(脂肪など)に大別され、その下に筋肉や骨などがあります。 医学的には、物理的な皮膚の損傷が表皮・真皮内のものを「傷」といい、その下の皮下組織や筋肉などにまで達した傷を、特…続きを読む

止血法

出血の種類 出血には動脈性出血、静脈性出血、毛細血管性出血がありますが、生命に危険を及ぼす大量出血は、主に動脈性出血です。 動脈性出血の特徴は、真っ赤(鮮紅色)な血液が脈打つように噴出することです。 一方、静脈性出血は、…続きを読む

繊維筋痛症

 どのような病気か 線維筋痛症は新たに現れた病気でなく、以前には別な病名で呼ばれていたものを、この病名に統一したものです。 この病気の主な症状は、体の広範な部位に起こる激しい慢性の 疼痛と「こわばり」ですが、その他に激し…続きを読む

サルコイドーシス

どのような病気か サルコイド(sarcoid)という名前の一部である sarco はラテン語で「肉」を、また oid は「~のような」を意味しています。 したがってサルコイドーシス(sarcoidosis)とは、「肉のよ…続きを読む

多発性筋炎、皮膚筋炎

どのような病気か 多発性筋炎(PM)は、筋肉の障害(炎症や変性)により、筋肉に力が入らなくなったり、筋肉の痛みを感じたりする病気です。 また、特徴的な皮疹(ゴットロン徴候やヘリオトロープ疹など)がみられる場合には、皮膚筋…続きを読む

関節リウマチ

どんな病気か 関節リウマチは、70~100万人の患者数を数え、30~50代の女性に好発します。 ひとつの関節にとどまらず、左右対称性に全身の関節にこわばり、痛み、はれを生じ、進行すると関節が壊れます。 しかし、微熱、食欲…続きを読む

高尿酸血症と痛風

どのような病気か (1)高尿酸血症とは ヒトの体のなかの細胞には、すべて遺伝子が入っています。この遺伝子をつくっている 核酸という物質のなかに含まれるプリン体の分解産物が尿酸です。 体のなかでつくられた尿酸のうち、約80…続きを読む