よく検索されるキーワード :

アクティブレストがおススメ!

アクティブレストって知っていますか? これは積極的休養といって、適度な運動を行うことによって使った筋肉から疲労を取り去る休養方法のことを指します。スポーツ選手が休日にいつもの練習ではなくウォーキングやジョギング、水泳等の…続きを読む

身体が温まっている時に筋肉を伸ばす

クールダウンではおなじみのストレッチですが、運動後の身体が温まっている時に行うようにしましょう。 身体が冷えてしまうと筋肉の柔軟性が低下し、そのまま伸ばすことで逆に筋線維を痛めることにもなりかねません。寒い時期に屋外で行…続きを読む

柔軟性があることのメリット

柔軟性を高めるための最も手軽な方法がストレッチです。 ストレッチは1人でも簡単に行うことができ、時間や場所をとりません。 柔軟性を高めることで、身体にはさまざまな変化がみられるようになります。 基礎代謝が上がり、血行が良…続きを読む

柔軟性をセルフチェック

自分の柔軟性をチェックしてみましょう。日常的に運動をする習慣のない人は、筋肉の張りやコリなどで身体が硬くなっているかもしれません。自分の身体の状態を知り、柔軟性を高めるためにもまずは現状を把握することから始めましょう。 …続きを読む

ストレッチのコツ

柔軟性を高めるためには、日頃からストレッチなどで筋肉や腱を伸ばしていくことが大切です。 効果的に柔軟性を高めるために、ぜひ覚えてもらいたいのが ストレッチを効果的にする5つのコツです。 ストレッチは様々な場所で数多く紹介…続きを読む

冷え性の予防法

1.入浴で血行を良くする 38~40℃のぬるめのお湯に、20分程度つかりましょう。 入浴後は簡単なストレッチをすると、さらに効果的です。湯船につかれないときは、シャワーだけですませず足湯で下半身をしっかり温めましょう。お…続きを読む

むくみの予防法

1.体を動かしたり、お風呂につかる 長時間の立ち仕事や座り仕事をする人は、ときどき姿勢を変えたりストレッチなどをして筋肉の緊張をゆるめることが大切です。帰宅したらお風呂にゆっくりつかり、足をマッサージしましょう。血行が良…続きを読む

めまいの予防法

生活のリズムを整える 夜ふかしをしたり、朝食を抜いたりすると体本来のリズムが狂い、自律神経のバランスが乱れてめまいが起きやすくなります。食事はできるだけ決まった時間に3食とり、早寝早起きの習慣をつけて十分な睡眠時間をとる…続きを読む

骨折の予防法

適度な運動を行う お年寄りは、適度な運動を行って筋力や柔軟性を高めることで転倒による骨折や骨粗しょう症を予防できるといわれています。ウォーキングやラジオ体操、柔軟運動などの簡単なものでかまいませんので、運動の習慣をつける…続きを読む

高血圧の改善のための運動とは

適度の運動には、高血圧を改善する効果があります。 さまざまな調査・研究から、運動によって私たちの体内では次のような作用が活発になり、相乗的に血圧を下げる効果がみられることがわかっています。 交感神経の働きが低下して血管が…続きを読む