よく検索されるキーワード :

ストレッチ:体幹伸展

うつ伏せで寝た状態から肘で支えるようにします。 両腕が垂直になるように胸を徐々にそらしましょう。 赤ちゃんが取るような姿勢で「パピーポジション」とも言います。 注意点 痛みが出現した場合は中止してください。 また、痛みや…続きを読む

ストレッチ:後頚部②

頭の上に両手を置きます。 左右の方向へゆっくり倒します。 倒している方と逆の頚部に伸張を感じることが出来ればOKです。 また、左右の45度の方向へもゆっくり伸ばしましょう。 伸張を感じることが変化します。 注意点 痛みが…続きを読む

ストレッチ:後頚部①

頭の上に両手を置きます。 そのまま、ゆっくりを前方へ頭を倒します。 頚部の後ろに伸張感を感じる事ができればOKです。 注意点 痛みが出現した場合は中止してください。 また、痛みや持病がある場合の運動は、注意し行ってくださ…続きを読む

ストレッチ:背中・肩甲骨

両手を身体の前で組みます。そのまま、前方へ押し出すように腕を前に突き出しましょう。 肩甲骨から背中にかけて、伸張感を感じることが出来ればOKです。 注意点 痛みが出現した場合は中止してください。 また、痛みや持病がある場…続きを読む

ストレッチ:腰部

仰向けで寝た状態で、膝を立てるように曲げましょう。 その状態から、左右へゆっくりと膝を倒します。 臀部から腰にかけて伸張感を感じながら、伸ばしましょう。 膝の曲げる角度を変えると、伸張される部位が変化します。 注意点 痛…続きを読む

ストレッチ:下腿後面

立位の状態で、前後に足を位置し、前方の膝の方へ重心を移動させます。 後方の足の後面をゆっくり伸ばしましょう。 後方の足の膝を伸ばした状態と軽く曲げた状態の2種類をすると的確に筋が伸張されます。 注意点 痛みが出現した場合…続きを読む

ストレッチ:大腿前面

両足を伸ばした状態で、床に座ります。 そこから、伸張を加えたい方の膝を曲げ、足を臀部の方へ移動させます。 大腿の前面の伸張を感じながらゆっくり伸ばしましょう。 伸張感が足りない場合は、身体をそのまま後ろに倒し、片膝を曲げ…続きを読む

体温を上げる

日本人の平均体温は36.8℃~37.0℃が理想 最近は日本人の体温が低下してきているという説があり、平熱が35℃台の人も増えているようです。 体温は、1℃下がると免疫力が30%低下するといわれ、また35℃台の体温はガン細…続きを読む

首と名のつくところを冷やさない

首・手首・足首…。 人間の体の中には、首(くび)と名のつくところが幾つか在ります。 首、手首、足首、腰(くびれ)、これらはすべて体を健康に保つために重要な部位で、冷やさないようにすることが大切です。 これらの…続きを読む

体温を上げるには歩くことが最も効果的!

足の温度は、体温と比べ低く30℃~32℃ぐらいが理想的 冷え症の人の足は26℃前後しかない人も多いそうです。 歩くことで足の温度を簡単に上げることができます。 ひざの悪い人はつま先立ちを繰り返し土踏まずと 足首を動かしま…続きを読む