よく検索されるキーワード :

手根管症候群

症状 最初に手首を動かすと人差し指や中指、 薬指の親指側半分の痺れが出現し、 手関節の脱力感や手の力が入らないような症状の進行を認めます。 原因 明なものは不明とされていますが、手の使いすぎによる腱鞘炎や妊娠時に関節内に…続きを読む

手首の痛み【TFCC損傷のリハビリ】

痛みが治まってきた段階で痛みにより動かせなかった関節周りの筋力を回復させることが必要です。 その中で、特に必要な筋肉があります。それは小指を外に広げる筋肉で『小指外転筋』と小指を親指側へ動かす 『小指対立筋』です。 筋力…続きを読む

手首の痛み【TFCC損傷】

症状 手首を曲げた時、手のひらを返した時に小指側の手首に 激痛が起こります。日常生活でドアノブを回す、タオルを絞る、手を突く、包丁で物を切る、桶でお湯をすくう、ペットボトルの蓋を開ける、などの動作が行いにくくなります。 …続きを読む

大腿前面の強化

座った状態で膝をゆっくり伸ばしましょう。 大腿四頭筋を強化でき、歩行時の安定性に効果があります。 しっかり、筋肉を使っていることを意識して行いましょう。 注意点 痛みが出現した場合は中止してください。 また、痛みや持病が…続きを読む

股関節の強化

座った状態から、もも上げを行います。慣れてきたら、足首に重錘をつけて負荷をかけましょう。 腸腰筋を鍛えることが出来転倒予防に効果があります。 背筋を伸ばして行うように注意しましょう。 注意点 痛みが出現した場合は中止して…続きを読む

足の強化 (2)

足の指を使いペンやビー玉などを拾いあげましょう。 しっかり、足の指を使うことで、転倒予防につながります。 注意点 痛みが出現した場合は中止してください。 また、痛みや持病がある場合の運動は、注意し行ってください。 心配な…続きを読む

足の強化 (1)

足の指を使い、新聞などを細かくちぎってください。 足の指の強化になります。 指をうまく使うことができるようになれば、バランス能力に改善が見られるようになってきます。 注意点 痛みが出現した場合は中止してください。 また、…続きを読む

下肢の強化(スクワット)

スクワットには様々な方法があります。 膝の位置とお尻の位置関係で、強化する部位が変わります。 1.膝関節を前方に出しながらスクワットを行う。(大腿前面の強化) 2.お尻を後ろに残しながらスクワットを行う。(臀部中心の強化…続きを読む

下肢の強化

片足でバランスを取り保持する。 その時に、上げている方の足で、1~10までの数字を描いてみる。 慣れていないうちは、壁や椅子などを持ちながら行ってください。 バランスと筋力の強化になります。 注意点 痛みが出現した場合は…続きを読む

下腿の強化

両足で立ち、踵を持ち上げる。 ゆっくりと持ち上げて、ゆっくりと下ろすようにします。 慣れてきたら、踵はあげっぱなしで、上げ下ろしの運動を繰り返してみましょう。 慣れていないうちは、壁や椅子などを持ちながら行ってください。…続きを読む