よく検索されるキーワード :

変形性膝関節症の予防!

 変形性関節症を予防しよう 変形性関節症の予防のポイントは、次の2つです。 1.関節に負担をかけない生活をする  2.運動で関節を柔軟にし、さらに周辺の筋肉を強化する 関節に負担をかけない生活とは 肥満気味の人は体重を減…続きを読む

嚥下障害の日々の注意点

嚥下障害において日常生活で心がけたいこと 嚥下障害とその弊害を防ぐためには、食事や衛生面などでも気を付けることがあります。 ●食事で気を付けたいこと いすに深く腰掛け、正しい姿勢で食べる テレビを観ながらなどの、「ながら…続きを読む

嚥下障害の自主トレーニング

嚥下障害において自己でできる予防のトレーニング 嚥下障害が悪化した場合には、手術などの治療方法もあります。しかし、ほとんどのケースはリハビリテーションで改善されます。 また自宅でも日ごろから、次のようなトレーニングをする…続きを読む

歩いて脳を鍛える

歩くと脳が元気になる。脳を鍛えることができるんです! 体を動かすことが脳を元気にする例は、ほかにもあります。たとえば歩くこと(ウォーキング)もそのひとつ。歩くと、足の筋肉(とくにバランスに関係する遅筋)の動きが脳を刺激し…続きを読む

慢性腰痛に打ち勝て

慢性腰痛に有効な運動の頻度は? 慢性腰痛症の改善には、どのくらいの頻度で、どんな運動を行ったらいいのでしょうか? ガイドラインによると、運動療法の頻度は、週に1~3回程度行うことが推奨されています。 腰を伸ばす筋肉に抵抗…続きを読む

ぎっくり腰に運動療法は不必要?

急性腰痛には運動療法は効果がない 運動が腰痛に効くのか?という問題について、腰痛診療ガイドライン2012では次のように解説しています。Grade B : 急性腰痛(発症から4週未満)には運動療法は効果がないGrade C…続きを読む

五十肩は日々の予防から

予防可能な四十肩・五十肩 辛い辛い四十肩・五十肩は予防できる。 20代からの早めの予防スタートもおすすめ。もちろん、姿勢の変化のみが発症に関わっているわけではない場合も多いですが、肩関節付近の炎症や違和感が起こる前には、…続きを読む

温熱療法で首の負担軽減

首の負担を軽減させ「寝違え」を予防する温熱法 実際に寝違えてしまったら、温めると悪化するケースがみられるので、ようちゅういですが‥。 寝違える前の予防としては、首から肩、肩甲骨付近にかけて温めることが効果的です。 ホット…続きを読む

寝違えの予防?

寝違え予防が必要?見落としてはいけない 2つのチェックポイント 予防法を試みる目安ですが、次のような状態がみられたら、さっそく予防法を実践してみましょう。 その1 首の張り感をチェック 朝や仕事の合間などに、頭をゆっくり…続きを読む

肩こりからの頭痛

肩こりからの頭痛はしつこい!? 肩こりからの頭痛は、命に関わる重篤なものではありません。 しかし、肩こりも起こしつつ頭が痛むという症状は、吐気が少なく激痛ではないとはいえ大変不快です。特徴は、慢性的な頭痛で、圧迫感のある…続きを読む