よく検索されるキーワード :

寄稿記事第33回 「足をひねった!そんなときの対処法」

山川 雅史 先生

スポーツの現場ではよく起こる傷害です。軽症、重症ともに受傷後にケアを怠ると習慣性となることや、足首の動きに影響を与えてしまうため、ケアがとても重要となっています。 今回、足首の捻挫の原因と予防、起こってしまった捻挫でのケ…続きを読む

寄稿記事第32回 『長時間座ってもしんどくない。楽に座るコツとは? 実践編』

生野 達也 先生

動きのコツセラピストの生野達也です。 前回は体の感覚を正しく感じること、はどういう理論で感じるのか?をコラムで書かせていただきました。 今回は、『ではどうすれば楽に座れるのか、その方法』を書いてみたいと思います。 &nb…続きを読む

寄稿コラム第31回 長時間座ってもしんどくない!? 楽に座るコツとは

生野 達也 先生

はじめまして。動きのコツセラピストの生野達也です。 今回から、定期的にコラムを担当させていただくことになりました。 主な内容としましては、日々の生活の中に活かしていただける内容として、脳科学に基づいた“動きのコツ”のリハ…続きを読む

寄稿コラム第30回 あっ!!怪我した!!! そんなときの初期対処法は!?

久保田 峻介 先生

覚えるのは「R」「I」「C」「E」の4文字だけ! 運動していてつき指や捻挫なんてよくあることですよね。 そんな運動をしているときに起こった症状に対する初期対応方法をご紹介します。   RICE処置とは、Rest…続きを読む

寄稿コラム 第29回『夜間のこむら返りはなぜ起こるのか?』

目川 翼 先生

いろいろな病気や薬がこむら返りを起こす 夜中などに突然訪れるこむら返り原因にはいろいろなことがあります。 健康な人でも、日中に脚の筋肉を使いすぎると、眠っている間にこむら返り。激しい運動や長時間の歩行、水泳のあとになるの…続きを読む

寄稿コラム第27回 『湯船で身体をリラックス。ポイントは入浴!』

久保田 峻介 先生

血液の循環が良くなるということは、医学的にはどういう状態を指すのでしょうか? そのしくみは、少し複雑な作用によって起こっていることが分かってきました。  お風呂の温熱は神経を刺激し、血管内皮細胞という血管の内側にある細胞…続きを読む

寄稿コラム第25回 『日本人の8割が運動不足』

久保田 峻介 先生

日本人の20代~40代女性の8割が運動不足 健康的に体重を減らすには運動することが不可欠と言われています。ではどのような運動をすればいいかわかりますか? 一般的に「運動習慣がある」とは、「1回30分以上の運動を週2回以上…続きを読む

朝、腰が痛い。しっかり寝ているはずなのに痛くなる?

朝、起きると腰が痛い。朝から憂鬱な思いの繰り返し、腰痛予防のストレッチや運動も意識して行っているのに、朝起きると腰が痛い。 そんな方はマットレスをチェックしてみましょう。 寝る時に、頭の位置が不安定で、起床時に首スジがこ…続きを読む

腰の手術をしたのに、痛みが変わらない。何故?

手術で腰の痛みから開放されるはずだった。 “腰痛”と聞くと、一般的には「ぎっくり腰」や「椎間板ヘルニア」などが連想されることが多く、腰の使いすぎによって筋肉や骨が傷んで起こるものだと単純に考えられ…続きを読む

辛い手首の痛み。ストレッチで解消!!

デスクワークをしている方に多い症状。手首の辛い痛み。 最近では、何時間もキーボードやマウスの操作をしているため腱鞘炎にかかってしまう、という人が急増しています。その症状名には「パソコン腱鞘炎」「マウス腱鞘炎(マウス症候群…続きを読む