よく検索されるキーワード :

注意したい高齢者の肺炎

肺炎による死亡者の96.5%を、65歳以上の高齢者が占めています。
その理由として、高齢になるほど体力も免疫力も少しずつ低下するため、細菌やウイルスによる感染症にかかりやすいこと。また、さまざまな持病のある方が多いため、感染症にかかると重症化しやすいことが指摘されています。
それに加えて肺炎の場合には、高齢者独特の特徴がいくつかみられます。その1つは、高齢者には、肺炎の典型的な症状が出にくいという点です。
高熱、悪寒、咳と痰、胸痛などがあまりみられず、ただなんとなくだるい(倦怠感)といった程度の症状にすぎないことも少なくありません。そのため発見されたときには、すでに重症化しているケースが多いのです。こうした高齢者の特徴を、本人はもちろんですが家族も知っておき、軽い風邪のような症状であっても、長引くときは早めに受診し、肺炎を起こしていないかどうかの検査を受けることが大切です。

高齢者にみられるもう1つの特徴は、誤嚥(ごえん)によるものです。
高齢になると、飲み込む機能が低下するため、食べ物や飲み物が食道ではなく気管に入ってしまい、むせることが多くなります。そのとき、飲食物や唾液などに含まれている細菌が気管から肺に入り込むと、肺炎を発症しやすくなります(誤嚥性肺炎)。

誤嚥を防ぐためには、次のことを心がけましょう。

(1) ゆっくり食事をすること。
(2) 少量ずつ口に入れること。
(3) 良い姿勢で食事をすること。
(4) 食べながら喋らないこと。

また、高齢の方は、インフルエンザから肺炎を引き起こすことも多いので、インフルエンザ・ワクチンなどの予防接種を、きちんと受けておくことも大切です。肺炎の原因菌でもっとも多くみられる肺炎球菌にも、予防のための肺炎球菌ワクチンがあるので、持病などによって肺炎のリスクが高い方は、効果や費用などをふくめて医師と相談してください。